FC2ブログ
ぼやき大爆発
世捨て旅行者の雑記帳
国籍で犯罪傾向が違う不思議
次は警察庁発表資料より、平成28年に発生した外国人による犯罪データ、、、、

t4z04170.png

図の一番左、刑法犯検挙人員数を国籍別にしたもの。 中国、ベトナムと続く不動のトップ2ですが、在留人口あたりの比率にすると、ベトナム人が断トツのトップで、中国人の6倍の検挙率となることに注目。

興味深いのは、いわゆる「空き巣狙い」系の侵入窃盗では、中国人が4割を占めており、ベトナム人はまったくの少数派ということでしょう。 他方、自動車(バイク)泥棒ではベトナム人が多いのはわかるとして、中国人が少ない。 

そして、万引きでは、ベトナム人は不動のトップ。 そして、中国人が続いておりますな。

国民性の違いというものが、犯罪傾向にも顕著に現れていることがわかります。
カンボジア・ココン州の中国租借地は中共海軍の拠点となるか?
一部で、中共海軍基地が常駐するとの報道がありましたが、カンボジア当局はすぐに打ち消しましたな。

シアヌークビルの対岸にあるココン州の広いエリアを中国企業が99年租借する権利を獲得しており、ここに空港、港湾施設、リゾート施設などを含めて、なんと、

45000ヘクタール

の敷地に新都市を作ろうという巨大プロジェクトが進行中です。

もちろん、一帯一路構想の一環で、この植民エリアの住人はほとんどが中国からの移民となる予定。 まさに、中国租借地。

しかし、フンセン以下、無能指導者たちによってカンボジアが切り売りされているような状況がどんどん続きます。

不法在留外国人対策で通報報奨金制度をもっと宣伝するべし
現在は、最高5万円までの報奨金が法定で認められているそうですが、これを10万円にまで引き上げてはどうでしょうか?

そして、この制度を知らない日本人が多いので、入国管理局は大々的に広報して、不法就労、不法在留を国民全員で監視する体制を構築する必要がありますな。

とりあえず、外国人労働者が増えて、現実的に起こりうることは、在留期限を過ぎても帰国しないで居続ける、いわゆるオーバーステイです。 あるいは、日本の労働環境はおそらく、かなりの外国人労働者にとってみれば、「奴隷」に近いと感じるはず。 逃げて地下に潜ってしまう連中も相当数出てくる。

例えば、ライン工なんていう仕事は、勤勉な日本人でもキツイと感じるくらいですから、外国人がラインに入って、ロボットのような作業を延々と繰り返すような仕事をできるとは思えません。 おそらく、すぐに逃げ出してしまう。 あれって、海外進出している企業は、進出先の国民のレベルに合わせてラインのスピードとか工程を楽にしてやっているから現地人でも可能なんであって、日本人に合わせて成立している日本の工場で外国人が働いたら、かなりの割合が最初から付いていけません。 同じ賃金を支払うとすれば、コストパフォーマンスは日本人の30%くらいです。

ベトナム人であれば、無防備な店舗で万引きするほうが、楽に稼げることに気付いて、徒党を組んで犯行を繰り返すでしょう。 実際、そういった犯行がいくつも摘発されておりますな。

こう言うと、「いや、犯罪に走るのは一部であって、大半は真面目に働いているんだ!」などと反論してくる連中がいますが、 ベトナム人の万引き経験率は、50%程度と言われていて、これって、凄い多い数字ですよ、、、、

とてもじゃないが、例外として捉えるわけにはいきません。

貧弱な入国管理制度を補う意味での通報制度の周知徹底は待ったなしでしょう。
1日がなんでこんなに短いんだ?
「つるべ落とし」とはよく言ったもので、夕方5時頃になると、もう空は真っ暗ですな。

そうこうするうちに、あちらこちらでクリスマスソングが聞こえてくるんで、気分はもう年の瀬、、、、

人生は短いなあ、、、

もう、怖くて都会には住めないねえ、、、
以下、日経新聞より転載。

新宿の3600万円強盗、中国籍の3人を逮捕
社会
2018/11/15 12:38

東京都新宿区の事務所で社員を縛って現金約3600万円を奪ったとして、警視庁組織犯罪対策2課は15日までに無職の馮徳龍容疑者(24)=東京都北区赤羽北2=ら中国籍の男3人を強盗致傷などの疑いで逮捕した。馮容疑者は認否を留保し、他の2人は否認している。

逮捕容疑は5月2日午後3時ごろ、新宿区百人町1のビルに入る事務所で男性社員を床に押し倒し、粘着テープで体を縛るなどの暴行を加えて3600万円を奪い、頭に打撲などを負わせた疑い。
(転載終わり)

こういうニュースがこれからは日常茶飯事に流れるのか、、、というか、すでにこんなのばっかり、、、

京都市は外国人観光客を制限せよ
以下、産経ウエブより転載記事。 少し長いです。

排泄物〝誤爆〟、使用済みペーパーも流さず…京都市、訪日客トイレマナーに大迷惑 啓発ステッカー作戦の効果は?

和式トイレの使い方を示した啓発ステッカー。正しいしゃがみ方やトイレットペーパーは流すことなどを5カ国語と一目で分かるイラストで説明している
昨年1年間の外国人宿泊客数は183万人で、前年を70万人近く上回り過去最多となった京都市。米大手旅行雑誌「トラベル+レジャー」で世界の人気観光都市第1位に2年連続で選ばれ、名実ともに世界から認められた国際観光都市が、人間の生理現象に絡む困難な問題に直面している。中国人をはじめとする海外からの観光客によるとみられる公衆トイレの使い方をめぐるトラブルだ。トイレのマナーが国によって異なるためか、思いも寄らぬ汚れ方をしているケースが観光地で後を絶たないのだ。東京五輪が開かれる2020(平成32)年に向け、さらなる外国人観光客の増加を目指す京都市。トイレ問題を解決すべき課題と位置づけ、正しい使い方を伝える異例のステッカーを作成、公衆トイレに張り出すなど対応に追われている。


「あり得ない汚れ方」

京都市内の公衆トイレは今、どんな汚れ方をしているのか。
京都市まち美化推進課によると、和式のトイレでは逆向きにかがんで用を足すケース、洋式のトイレでも、便座に足を乗せて用を足したり、便器の外に“誤爆”したりするケースがみられるという。
当然、便座は土足で汚れ、個室内は凄まじい異臭を放つ。
 「和式トイレの使い方が分からないというのはまだ理解できる。しかし、洋式トイレでも汚されるとはどういうことかよく分からない」と担当者は話す。
このほか、使用済みのトイレットペーパーをトイレに流さずに、備え付けのごみ箱に捨てるケースも目立つ。中国や韓国では、下水設備と紙質の問題から、トイレットペーパーをトイレに流す習慣はなく、備え付けのごみ箱に捨てることが多い。同課の担当者は「そうした国々の観光客が、自国のやり方でそのまま使うのではないか」と話す。
こういう使い方をされると、後に入った観光客は不快な上、使いにくく、清掃もしづらい。清掃を委託している業者からも「ちょっと考えられない汚れ方をしているときがある」などと苦情が寄せられることがある。


〝爆買い〟はありがたいが…

近年、世界各地で観光客が絡むトラブルが報じられるのは、著しい経済発展を遂げた中国人の観光客が多い。
日本では〝爆買い〟で経済効果に寄与してくれる一方、床に唾を吐く▽並ばない▽大声で騒ぐ▽陳列商品を触ったり、粗雑に扱ったりする-といったマナーやモラルに絡むトラブルが頻発。トイレの使い方をめぐっても、「排泄物を流さない」「便器の外に飛び散っている」「異臭がすごい」といった困惑の声がインターネット上で飛び交う。
京都市まち美化推進課によると、市内の公衆トイレが汚されるケースが目立つようになってきたのはここ数年のことだ。
中国のインターネット検索最大手「百度(バイドゥ)」日本法人と業務提携した公益財団法人京都文化交流コンベンションビューロー(KCB)によると、中国では京都人気が年々高まっている。平成26年4~12月に京都市内の主要25ホテルに宿泊した外国人の前年同期からの増加数は、中国が3万3435人増で1位になった。
トイレ問題を引き起こしているのはやはり、中国人観光客が多いのかもしれない。


「トイレはしゃがんで…」5カ国語で説明

とはいえ、トイレという性格上、個室内に防犯カメラをつけることはできず、〝汚した犯人〟をつかまえることもできない。
そこで市が考えたのがイラスト入りの啓発ステッカーだ。ステッカーはA4判で、日本語、英語、韓国・朝鮮語、中国語(簡体・繁体)の5カ国語で和式、洋式のそれぞれのトイレの使い方を説明している。
例えば、和式トイレなら「トイレはしゃがんでご利用ください」「トイレットペーパーはゴミいれにすてずながしてください」などと記載。それぞれの記載には、逆向きでなく正しくしゃがんだり、トイレットペーパーを備え付けのごみ箱でなくトイレに流したりするよう、イラストで正しい利用法と誤った使い方を説明している。
さらに日本のトイレは進化が進み、流し方もレバー、センサー、ボタンとさまざまなタイプがある。外国人にとって使い方が分からなくても不思議でない。このため、ステッカーでは「手をかざすと水がながれます」(センサー)、「ボタンをおすと水がながれます」(ボタン)といった3種類の説明をそれぞれイラスト入りで用意した。
市では、平成25年にも文字中心の啓発ステッカーを作成したが、「効果があったかどうかもよく分からなかった」として、今回改めて「より分かりやすく」とイラスト中心のステッカーにしたという。
市内に65カ所ある公衆トイレを中心にステッカーを貼るほか、市のホームページ(HP)でも無料でダウンロードが可能。担当課は「外国人観光客が多く利用するような飲食店や商業施設にも貼ってほしい」と呼びかける。
京都市の観光名所・高台寺(同市東山区)を訪れていた中国人の男性客の王磊(ワン・レイ)さん(45)も、5年前に初めて最初に来日した時には公衆トイレの使い方が分からなかった。ステッカーについて「初めて日本に来る人には分かりやすいと思う」と話していた。


観光客もてなしのために

観光都市にとって、観光客に散策を楽しんでもらうためには公衆トイレの整備は不可欠だ。
京都市では、公衆トイレマップを作成し、市のHP上で無料で配布しているほか、観光客が利用できそうな大学や寺院などの民間施設に水道代や整備費を助成し、トイレを観光客向けに解放する「観光トイレ」の整備を進めてきた。
市は、2020年東京五輪・パラリンピックまでに現在26カ所ある観光トイレの倍増を目指し、管理する民間施設に対する助成を手厚くする取り組みを進めている。助成の中には、和式トイレから洋式トイレへの切り替えやバリアフリー化に必要な経費も含まれる。
市の担当者は「観光客をもてなすためには多くのトイレが必要。開放してくれる民間施設に理解を求めるためにも、きれいなトイレの使い方を広く知ってもらうことは重要だ」と話している。


(転載終わり)

こういう記事で歯がゆいのは、外国人に批判的な論調の記事を書くとすると、必ず、「爆買いはありがたいが、、、」とか「おもてなし」など、外国人観光客は基本的にはウエルカム、、、という一文をぶち込んでバランスを取るような内容に仕上げてしまうことでしょうな。

シナ人のトイレの使い方が「想像を絶する」とは、どういうことかというと、便器の中にウンコをしない人がいるということですよ。
筆者は、中国のホテルでシャワールームにウンコがもっこりと置いてあるのに遭遇したことが数回ありますが、シナ人というのは、20代の女性が野グソも平然とやってのける強靭なメンタルを持っているわけで、このレベルを想定しなければなりません。

しかし、こういうニュースがようやく堂々と表に出てくるようになるほど京都は荒れてきたんでしょう。
KISSと防弾少年団の共通点を発見したぞ
まあ、どうでもいいことですが、昨日の投稿でKISSの話を出したついでに、気がついたこと、、、、、
KISSのファンクラブは、KISS ARMY と呼ぶんですが、防弾少年団なる韓国グループも同様にファンのことをARMYと呼んでいるそうですな。 ファンクラブをARMYと呼称することが一般的なのかどうかは知りませんが、、、、、

しかし、今回の原爆Tシャツ騒動で初めて知った韓国グループですが、日本のバカ女子高生を中心にファンが相当数いるらしい。

韓国人というのは反日のくせに日本で稼いでいるんで腹立たしいですな、、、

copyright © 2005 ぼやき大爆発 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
★付属掲示板へはココをクリック★