FC2ブログ
ぼやき大爆発
世捨て旅行者の雑記帳
サウジの油田攻撃、「有事の円買い」にならず
この20年ほどのトレンドとして、「有事の円」がすっかり常識となってきたわけですが、今般の事件を受けて原油先物が高騰したわりには、円ドルの為替レートはほとんど影響を受けておりませんな。 
むしろ、円が若干売られて、投稿時点の17日の東証取引開始前の日経平均先物は前日よりも値を上げているくらい、、、、、、おそらく、このまま東京マーケットが開いても乱高下するようなことにはならないでしょう。

サウジの事件が当面の国際原油供給態勢にそれほど影響はないとの見方か? このあたりはよくわかりませんな。
これから海外で資産運用しようと思っている日本人には世知辛い世の中になったのう
20年前なら、例えば旅行のついでに現地に銀行口座を作ることは難しくはありませんでした。 筋金入りのリピーター旅行者なら、韓国とか台湾、タイなんかに口座を作って、キャッシュカードで現地口座から引き落として旅行費用に充てるような方法も普通でした。

ところが、この10年くらいで、アジア諸国の銀行に限っても随分と規則が厳しくなってきて、まずもって、ちゃんとした居住者でないと口座が作れなくなってきているようですな。 ネットにも多種多様の情報が溢れていますが、こと金融に関する手続きに関しては2~3年前の情報はまったく役に立たなくなっていることが多い。

アジアで言うなら、現時点ではベトナムとカンボジアの金利が高いので有名ですが、ベトナムでは最近、然るべき資格を持った居住者でないと定期預金を設定できなくなったようです。 また、カンボジアでもほとんどの銀行では現地での在職証明書のようなものを口座開設時に要求してくるとのこと。

特にこの2ヶ国に関しては、歴史的に対ドル為替レートの変動幅が小さいということで、投資リスクが比較的低いことで有名でした。 これからも銀行口座を作りたい日本人は増えるのでしょうが、年々難しくなっていくのでしょう。
ちょっと怖いねえ、、、、
以下、日経新聞より引用。

米GEに不正会計疑惑、会計専門家が指摘 株価は急落

2019/8/16 3:06 (2019/8/16 6:34更新)

【ニューヨーク=清水石珠実】米国の著名会計専門家が15日、ゼネラル・エレクトリック(GE)が巨額な損失を隠すために不正会計を行っているとの報告書を公表した。「(2001年に経営破綻した)エンロンよりも巨額の不正を働いている」と指摘したことで、同日の米株式市場では追加損失が膨らむとの懸念から同社株は急落、11%安で取引を終えた。GE側は疑惑を否定している。

GEの不正会計を指摘したのはハリー・マルコポロス氏で、リーマン・ショックをきっかけに発覚した史上最大規模の詐欺事件「マドフ事件」を告発したことで知られる。15日はGE株が一時15%超下落する場面もあった。

GEに関する報告書は175ページに上り、あるヘッジファンドと協力して7カ月かけて調査したという。発見できただけで不正額は380億ドル(約4兆円)に上るが、それも「氷山の一角にすぎない」と指摘した。特に介護保険事業で、保険の引当金に不正があると問題視した。

同日、米経済局CNBCに出演したマルコポロス氏は「(今回の不正会計摘発がGEの)経営破綻につながる可能性もある」と語った。

GE側は「高い基準にのっとって企業活動を行っている。マルコポロス氏の主張に根拠はない」との反論コメントを発表した。保険事業についても「十分な引当金を積んでいる」とした。


これ、リーマンショック再来のきっかけになるんじゃないか?
米国が中国を「為替操作国」に指定! 経済戦争の激化は必至か
これで外交交渉による和解の道はほぼ完全になくなりましたな。

米国は中国を経済的に潰すという意志を明確にしました。 これはもう、「リーマンショック級」の経済失速が起きることは時間の問題、、、、

消費税の増税は当然、中止すべきでしょう。

いよいよアベノミクス景気も終焉に
とにかく、今年から来年にかけて、世界経済にはマイナス要因がいくつも待ち構えておりますな。

ちょっと思いつくまま挙げてみると、、、、

米中経済戦争の本格化

日韓紛争

イラン問題

北朝鮮問題

中国バブル崩壊

日本の消費税増税

ドイツ銀行の不良債権問題

英国のブレグジット強行


これらがほぼ同時期に襲来してきたら、それこそリーマンショックの何倍ものインパクトになるでしょう。

少し怖い予言をしてみると、

年末から来年にかけて、世界株価同時大暴落、日本円の急騰で1ドル80円台の悪夢がまた来るか?
ファーウエイのスマホ、投売りまだ?
しかし、回り出したら米国というのは本当に早い、、、、、国際市場でのファーウエイは終わりましたな。 あとは中国内で頑張るしかありません、、、

ところで、ファーウエイの高級機種とか、1万円くらいで投売りにならないかね? 128Gメモリー仕様のやつは「小型モニター付き動画保存用」としてだけでも個人的には価値は見出せるんですがね、、、、

トランプ大統領が対中関税を25%に引き上げると表明
以下、読売新聞オンラインより引用。

トランプ氏、対中関税を25%に引き上げ表明

 【ワシントン=山本貴徳】トランプ米大統領は5日、中国製品2000億ドル相当(約22兆円)を対象とした制裁関税の税率を10日に現在の10%から25%に引き上げると表明した。米中両国は8日から、ワシントンで閣僚級の貿易協議を再開する予定で、中国に譲歩を求める狙いがありそうだ。

 トランプ氏はツイッターに「10%(の税率)は金曜日に25%に上がる」と投稿した。米国は昨年7~8月に500億ドル相当の中国製品に25%の追加関税をかけており、トランプ氏はさらに、残り全ての輸入品についても「(追加)関税はかかっていないが、まもなく25%かかる」と強調した。

 8日からの閣僚級協議には、中国から劉鶴リウフォー副首相らが訪米し、米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表らとの協議に臨む。トランプ氏はツイッターで「貿易協議は続いているが、遅すぎる」と不満を漏らしており、圧力を強めることで中国に妥協を促す狙いがあるとみられる。

 米中両国は昨年12月の首脳会談で、新たな協議を行うことで合意した。中国が米国産大豆の購入増を約束するなど、貿易不均衡の是正を巡っては一定の前進がみられているが、中国による技術移転の強要や自国企業への過剰な補助金の撤廃など、中国の構造改革を巡っては溝が残っている。


まあ、氏の発言が交渉を控えてのブラッフかどうかはさておき、いずれにせよ、間違いないのは、現在中国内に留まっている外資系製造業の中国脱出が加速していくことは間違いないということでしょう。 今、留まるか逃げるかの判断を保留している企業にとっては、背中を押す効果しかありません。

米中経済戦争の行方はどうなる?

copyright © 2005 ぼやき大爆発 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
★付属掲示板へはココをクリック★