FC2ブログ
ぼやき大爆発
世捨て旅行者の雑記帳
各国GDP 今年の第2四半期(4~6月)速報値を比較してみた
各報道からピックアップしてみたところ、、、

仏 -13.8%
独 -10.1%
伊 -12.4%
米国 -32.9%(年率換算)
韓国 ー3.3%
台湾 ー0.73%
中国 3.2%


ちなみに、日本の公表は8月中旬です。

何故か、米国だけ年率換算の数字で報道されておりますが、その他は数字を4倍にすれば年率換算になります。
ざっくり、EU諸国は年率換算でマイナス40~55%という、もうね、「大恐慌」と表現しても間違いない数字、、、、、そのわりには株価だけは落ち込んでいないのが不思議ですが、各企業の決算が出てきたら無理でしょうね、、、、

しかし、失業者が1億人はいると言われている中国がプラスってねえ、、、、、デタラメにも程がある、、、
同じ嘘でも、もうちょっとリアリティーのある数字に作れなかったもんかね?

また、この中国の嘘を真に受けてか、分かった上でのポジトークか知らないが、
「中国は世界でいち早く立ち直って、V字回復!」

などと、数字の信憑性に触れないで、公表値を鵜呑みにするエコノミストって、何なんだありゃ?!
あれ? 株価だけがV字回復しとるのう
NYダウも日経も、ロックダウン以前の水準近くまで戻っている不思議、、、、、

とりあえず、4~6月期の統計が出揃ったら、恐ろしい数字になるのは目に見えているわけで、また暴落するんでしょうが、、、、

しかし、マスコミは株価が上がっていることを全然報道しませんな、、、
前代未聞! WTI原油先物(5月物)がマイナス
武漢肺炎の世界的流行で、都市部がロックダウンされ、ガソリン需要が急減、、、、、米国では備蓄が余りすぎて処置に困っているとのことですな。

先物でのマイナス転落は極端な例としても、原油価格の低迷が今年一杯続くのは間違いないところ。 これって、平時なら、このニュース単体をとっても世界は大騒ぎなんですが、もうね、感覚が麻痺して

何が起こっても、驚きませんよ、、、、

6月以降は、1バーレル20ドルくらいのようですが、この価格では産油国すべてが採算割れします。 

世界恐慌待ったなし、、、
全地球規模の食料争奪が起こりそう、、、、
現在、中国ではコメの買占めが広範囲で行われていることが報告されておりますな。 もちろん、現地SNSなどから洩れ伝わってきた情報で、公式メディアでは一切報道されておりません。

CCTVのニュースを見ていると、連日のように「コメの作付け始まる」とか、「豊富な食料供給確保」とか、やたら農業関連のニュースをトップ項目に入れてくるので不可思議に感じていたら、やはり、コメのパニック買いを受けての対応のようです。

ああ、そういえば、カンボジア・ベトナムが穀物の輸出を禁じるとの報道があったばかり、、、

気になったのは、武漢肺炎が中国で蔓延し始めた頃、日本に住む華人やらシナ人観光旅行者やらが、ドラッグストアーなどでマスクを大量に買い占めるという行動に出たこと、、、、今回、大陸でコメ不足が発生しているとなると、目先の利益に目ざといシナ人なら、同様にコメを大量に日本で確保しようという行動に出るはずですな。

農水省のサイトで少し調べてみると、さすがにコメは戦略物資ということで、輸出には特別の届出が必要らしいです。 しかし、個人使用に供する少量については無届でも輸出可能ということで、このあたりの抜け穴を利用することが予想できます。 

在日シナ人の動向に注意せよ
令和世界恐慌が起こったら東南アジアはどうなる?、、、オレの大予言
米・中・EU、そして日本、、、、この4エリアで経済がクラッシュし、世界は100年に1度の大恐慌に陥る、、、、

日本に限れば、辛うじて大企業は生き残るでしょうが、中小企業はズタズタにやられると思います。 では、途上国はどうなるか?

もうね、先進国のシワ寄せがすべて途上国に回ってくるわけですから、ペンペン草も生えないでしょうな。 

タイでは、軍事政権に反対する農村部の勢力が台頭して、王政廃止まで突き進むかも知れません、、、、カンボジアは中国頼みの不動産バブルが崩壊、、、、フィリピンはマルコス時代に逆戻り、、、、

ただ、ベトナムは例外で、中国からサプライチェーンの変更を余儀なくされる企業が集中して、それほどクラッシュの直撃弾は受けないのではないでしょうか? 武漢肺炎の感染者もアジアの中では台湾と並んで水際対策が成功している数少ない国のひとつですし、、、

(武漢肺炎) 世界は団結して中国に賠償請求せい
ざっと試算してみると、中国を除いた世界の年間GDP合計を6000兆円として、今般の事態で仮に半年間だけGDPが等しく5%減少したとします。

とすると、6000(兆円)×0.05÷2、、、で、150兆円分の世界GDPが武漢肺炎で吹っ飛ぶ計算になりますな。

現在、中国は何だかんだ責任回避しようと画策中ですが、

誰がどう考えても武漢がウイルス拡散の起点。 全責任は中国政府にあります。

今般、ウイルス拡散が日米欧のみならず全世界に拡散したことで、

中国を除く全世界の独立国が一致団結して、

中国に対して賠償請求するような方向にならないもんかのう、、
結局、大企業の「内部留保」は正義だった
リーマンショックの教訓から、利益を再投資に回さず、不況に備えて蓄えていた内部留保というやつ、、、300兆円とも言われております。

アベノミクスがある程度上手くいっていた頃は成長の足枷のように散々批判されてきましたが、こうやって大不況が現実に到来してみると、平時に体力をつけておくことの重要性がわかりますな。

今般の武漢肺炎で世界経済が相当落ち込むことが想定されるわけですが、日本経済の屋台骨は安泰ということか、、、
copyright © 2005 ぼやき大爆発 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
★付属掲示板へはココをクリック★