FC2ブログ
ぼやき大爆発
世捨て旅行者の雑記帳
10月からの学生生活
今週は職業訓練校で入校手続きの予定。
ハローワークを通して高倍率にもかかわらず、幸運にも合格。

内容はパソコンとかの事務関連全般の基本に関するもの。

少しワクワクするなあ、、、、

ネットからリアルレジスタンス運動への移行へ
私も今般の日本の危機的状況に対して、いままでは政治活動とは無縁の人生でしたが、さすがに傍観者では済まないと思うようになり、いくつかの保守系の市民団体に加入しました。とりあえずは、最新の中央政界の情報が入ってくることになりました。

まあ、今後は微力ながら活動していきたいと思っております。といっても、具体的にできるのは、政治家に意見メールを送るとかの類しか無理ですが、、、、場合によっては街頭デモにでも参加するかも知れません。しかし、歳が歳ですから、学生のような若いエネルギーはなく、これはいかんともしがたいですな、、、

当ブログ読者のみなさん、今後も引き続き、民主党<人呼んで平成日本版ポルポト政権>批判を繰り返しますので、どうかお付き合い願いたく。











売国政権は本日も正常運転!
昨日の朝刊は申し合わせたように各紙とも1面は「25%削減」「東アジア共同体」の見出しが躍ってましたな。なんだか悪夢が現実になったような気分。

一応、2案件ともマニフェストの隅の方に書いてあって、選挙期間中はテレビ新聞で解説されることがほとんどなかったテーマなのは周知の通り。

多分、今頃になって「そんな公約ってあったの?」なんてノンキな事を考えているバカ国民も多いハズ。

鳩山の演説中に盛大な拍手が巻き起こったなどとヨイショしておりますが、それって、「今まで以上に金銭的技術的支援を途上国に行う用意がある」の一節に反応したんであって、言い換えると「もっともっと日本はゼニをばらまきまっせ!」と大盤振る舞い宣言したとあっちゃあ、途上国は大喜びでしょう。そりゃあ、途上国の腐敗しきった政治家役人達のポケットに入り込むんだから嬉しくてしょうがないわ。

でも、選挙前には消費税の導入にはダンマリを決め込んでいたのに、突然、「環境税の導入が不可欠」なんぞと言われた日にゃあ、これは詐欺も同然ですな。鳩山は「あらゆる政治手段を駆使する」と宣言しております。

しかし、民主を支援しているマスコミはバカじゃないか?

CO2削減で、国策的にテレビの放送時間は縮小だろうし、資源保護で新聞なんかの紙マスコミも縮小されることは間違いないでしょう。本気で25%削減を実施しようとすれば。

第一、経済が縮小したら広告費の削減で最も打撃を受けるのは新聞テレビでしょう?

まあ、ネットで囁かれている噂では、マスコミ業界と民主に裏取引があって、経営危機の場合は公的資金を注入する、、、、なんて話もあるくらいで、、、真偽はわかりませんが。

しかし、10年後に道路を走っている自動車が全部ハイブリッドだった、、、、、フェラーリとかには300%の環境税が義務になるとか???

カーマニア涙目、、、、






まあ、夢も希望もない日本がひたすら続く、、、
もう、マスコミの偏向、民主贔屓を何度指摘したかわかりませんが、国連での鳩山演説への注目、これって、麻生さんも国連で演説(もちろん英語ですよ)したんですが、当時、どの新聞、テレビが報道してましたっけ?

もうね、同じ報道機関がこれほどに偏向しているのって、やるせないわ、、、

まあ、民主政権のファシズム性が少し、低脳国民にも見えてはきたと思うんですが、「国民の目線で、、、」とか、「国民の選択、、、」とか連呼する様は、なんだかボルシェビキが「人民の為、、」に血なまぐさい粛清をしたりとか、かつての共産主義政権の言い方にそっくりですな。

まあ、「国民の為」と言いながら、地元住民の意向を押し切ってダム建設を取りやめるのも、論理的な矛盾。

私も、もう日本破滅のカウントダウンは始まったと思っているので、諦めぎみなんですが、なんとか希望を持って生きていきたいです、、、、



新政権閣僚が無責任発言を連発
とにかく、亀井の「徳政令」発言で、銀行株は一気に暴落。
大臣の不用意な発言で株式市場が大変動を起こす毎日、、、、

革命とかいう以前に、おまえら民主党だいじょうぶか?国の運営できるのか?

考えてみると、なんだかんだ言いながら、自民党政権がプロの仕事だったことが実感できますな。

とにかく、元来、選挙ありきで並べたマニフェストに固執するなっちゅうの!!!

今からでも遅くはない!
官僚に全部調整させろ!
もう、おまえら民主党の実力はわかったから!
安全運転でいけ!
何もするな!




憲政史上、最低最悪の法務大臣が誕生!
千葉景子が、何とも、法務大臣に、、、、
まずは鳩山亡国内閣中、もっとも売国度・反日度・極左偏向の高い人物です。福島みずほと双璧を成すと言ってもいいでしょうな。

まあ、詳しくは保守系のブログで検索していただくとして、要するに、この方は最も法務大臣に相応しくない人物なのですわ。

とにかく、死刑廃止論者であり、人権擁護法案・外国人参政権推進論者であり、、、これ以上申す必要はないでしょう。

例えば、千葉が法務大臣である限り、入国管理は非常に甘くなることは間違いない。カルデロン一家のようなケースでは、不法入国者に対して、特別在留許可を乱発することは明らかです。そして、この女が法務大臣をしている間は死刑の執行は絶対にないはずです。
はたまた、取調べの可視化で、犯罪者の調べが甘くなり、余罪の追及が難しくなるのも間違いない。


とにかく、今まで、法務行政・入管行政に対して反政府の人権派弁護士・活動家だったんですから、、、、


鳩山亡国内閣で、この法務大臣は実質的に「革命」と言っても違和感のない人事です。

なんか、フランス革命に似てきたなあ、、、

鳩山亡国政権スタート!
とにかく、日本を破滅へと導く政策・人材満載の新政権の船出となりました。

「どうせ何も変わりゃしないさ、、、」
「駄目なら、また替えりゃいいさ、、、」

未だに、いい年をしたオヤジまでが、こんな悠長なことを言っておりますが、間抜けもいいところ。

新政権は悪い意味で日本を変えます!

憲政史上最強のおぼっちゃま宰相こと鳩山は、独自の友愛政策(要は日本切り売り政策)で、韓国朝鮮、中共、はたまたEUロシヤまで、譲歩しまくり、すべての問題を先送りして土下座外交を展開、内政的には、日弁連から送りこまれた200名の左翼政策秘書があらゆる左翼政策を立案し、既存官僚から権力を奪取し、左翼市民団体や人士に予算がばら蒔かれるように政策を立案、やがては、国内にシナ朝鮮人が跋扈し、失業者は溢れ、企業活動は疲弊し産業は廃れるでしょう。

現在のところ、マスコミは新政権の強力なシンパですが、結局のところ、産業が廃れれば広告費も削減となり、テレビの赤字は常態化。自分で自分の首を絞めるとはこのことでしょう。

まあ、当面は鳩山大不況が、年末から日本を襲うのは確定的。

今からでも遅くはない!
麻生補正予算の凍結はやめて、CO225%削減を撤回すべし!





世界ケンカ旅行(中共編)
上海駅の待合ホールは天井が高くて広い。
かなりゆったりと配列された数百人分の座席は、ほとんどが埋まっていた。

この国らしいのは、鉄道が個人の物流の主役ということで、いくつもの荷物を帯同する客、中には、鶏を籠に入れて運ぶ乗客が見受けられることだろうか。

乗客は、自分の乗る列車の出発アナウンスがあると、次々と乗り場入り口に長蛇の列を作って、やがてはプラットフォームに消えていった。

待つこと1時間、ようやく私の乗車するウルムチ行列車のアナウンスが始まった。待合室からプラットフォームに通じる入り口にはアナウンス以前からすでに数百人の列ができていた。

鉄道職員に切符を見せると、乗客は一目散に列車目指して走る。これは不思議な光景だった。
本来は全席指定なので、席を争う必要などまったくないにもかかわらず、日頃の悪しき習慣からか、なぜか人民はすでに確保してある座席に向かって条件反射のように猛ダッシュした。

まるで核攻撃の避難命令でも出たかのごとく、乗客は必死の形相で逃げるように客車に殺到した。

客車の入り口では、女性服務員が切符を確認してから一人づつ中に入れていたが、この段階で、乗客はようやく平静を取り戻す。息を切らせながら、荷物を持ち上げて中に入る乗客の列。

鉄道服務員は無愛想で、刑務所の看守を思わせるような機械的手捌きで乗客を招きいれた。その憎憎しい態度から、この国では乗客より鉄道当局の方が偉い立場にあることを感じる。
シベリア抑留された日本兵や、絶滅収容所に輸送されたユダヤ人も、こんな風に無愛想な連中に見送られたんだろうと夢想した。

私は客車に入ると、自分のベッドを探した。

3段ベッドの1番下であった。なお、値段的には下が最も高い。

発車時刻の直前には客車のほとんどのベッドは埋まっていたようである。乗車率は100%に近いだろう。

私のベッドの上の客も入ってきた。それぞれがカバンや土産物をいくつも抱えていた。

そうこうするあいだに出発のベルが鳴った。








世界ケンカ旅行(中共編)
上海駅の前面は大きな広場となっており、多様な人民で溢れかえっていた。

中共特有の青赤白がストライプになった簡易バッグを抱えてうずくまる男女の群れ、年齢層は文字通り老若男女の集合体は、そこここでグループを形成して何かを待ちわびているようにも見えた。駅前広場でつかの間の休息を取る人民の数は数百名ほど。

彼らは明らかに農民であった。上海中心部で見慣れた、ある程度はキチンとした身なりの公務員とは違った別世界から来た人間のようだ。

顔は日焼けで浅黒く、手は荒れて傷だらけである。10代後半の若き女性も、鼻水をたらしながら自ら「赤貧」のオーラを振りまいていた。ボロをまとっていた、あまりに身なりが酷い集団を観察しながら、社会主義国にないはずの強烈な矛盾を感じずにはいられない。

この国では、職権を活かして私腹を肥やすか、外国人相手にカネを巻き上げるかできる人間こそがいい暮らしを享受できるのである。

「都会に出てくればなんとかなる」とでも思っているのだろうか?果たして、田舎で食い詰めた結果だったのだろうか?いろいろ思案を巡らしてみたが、おおよそ、この世界は理解不能であった。

普通に考えて、これだけ得体の知れない連中が集まる広場の治安は悪そうにも思えるが、そこは強力な暴力装置を誇る中共のことである。意外にも強盗恐喝のような凶悪犯罪の芽はなさそうであった。ただし、荷物を置いて1時間ほど目を離せば、その荷物は消えているに違いない。

駅前広場の散策にも飽き、私は売店で3日分の食料を買い揃えることにした。

列車内では、常に飲料用の湯が支給されていて、ホーローのポットが備え付けられている。蓋付きコップを持参すれば水分に関しては問題ない。
食事はインスタント式のカップめんが便利。香港製が多く出回っていた。

なんだかんだと買い揃えると、食料だけで手提げバッグ一杯となった。


まだ出発までに時間はあるが、やることもないので構内で待つことにした。駅の入り口で切符を見せて中に入る。

待合室は等級によって分かれており、私の乗る硬臥(2等寝台)待合室に向かった。

例によって、ここも人で溢れていた。








民主亡国政権による、日本破壊への一歩が身の回りで、、、
ある意味、感心すると言うか、すでに安定過半数を手中に収めたのだから、ある程度はマニフェストを離れて「現実主義」に回帰するかと淡い期待もあったんですが、、、

すでに本当に麻生補正予算をストップして、一部、混乱が始まった模様。で、党幹部から聞こえてくる発言は、マニフェスト原理主義のような声ばかり。

革命でも起こす気かア?

現在、失業中の身分である私も他人ごとではありません。

職安によると、麻生政権の失業対策の一環である各種施策が実際に止められているとのこと。

まあ、予算を精査するには数ヶ月かかるのだとか、、、総選挙の争点のひとつが、わずか10日後に実際に我が身に関係してくるとは、正直、想像もしてませんでした、、、


もう、トンデモ民主に一票を投じたバカ低脳国民に怒りが沸々と湧き上がる今日この頃です。



キチガイは嫁だけにしとけ!狂気の「鳩山イニシャチブ」
鳩山がまたとんでもないことを明言。
「90年比でCO2排出25%減」そして、これを鳩山イニシャチブとして世界に訴えるんだそうな。

これは、まずもって、完全達成は不可能と言われている数字です。そりゃそうでしょ。単純計算して、日本の経済活動を25%収縮させるわけですから、25%分の生産をストップさせるに等しいわけです。つまり、25%の企業を倒産させ、25%の失業者を増やす(単純すぎる計算で恐縮ですが)ような政策をぶち上げているわけですな。

で、これを避ける方法として、ほとんどの車をエコカーにして、ほとんどの家に太陽光発電を設置して、、、等々の、ある意味、生活に「革命的」変革を強いるわけですな。
じゃあ、化石燃料から原子力発電に大転換するのかというと、なぜか、原発は増やさないらしいので矛盾なんですが、、、

これに対して、EUや中共は絶賛しておりますが、それは当然でしょう。

上記の施策を総動員しても達成はできませんから、排出権を外国から「購入」して補うことになりますが、結局、日本は莫大なカネを払って技術移転を行うことになり、「途上国」である中共なんかはウッシッシ状態。

ある試算では、鳩山イニシャチブ達成には、国民一世帯で91万円の負担となるそうです。

そもそも、日本排出分で世界総量にしめる割合はたったの3%、、、日本だけが25%減らしても、大勢に影響はありません。
で、CO2地球温暖化説自体が「仮説」の段階なのに、民主党の取り組み方は異常。



まずは、鳩山の個人資産(87億円)で頭金は払ってもらうとして、残りは

民主党に入れた国民だけで負担してくれ!

欧米で鳩山夫人がキチガイ扱いされている件について
どうやら、民主党の最大「支持母体」であるテレビは、来年の参院選まで民主寄り報道を継続するみたいですな。
総選挙が終わってもマニフェストの欠陥を指摘するでなし、相変わらず民主の御用学者・評論家・コメンテーターを並べて、提灯報道に明け暮れておるようです。視聴者は民主のデタラメ政策に期待をつなぐよう、巧妙に誘導されるでしょう。いい加減に気がつけよな、バカ国民!

最たるものが、鳩山のキチガイ夫人についての海外での報道に関する無視。

まあ、とにかく、欧米では新聞にデカデカと「太陽を食べる」とか「宇宙人と出会い、UFOに乗って金星に行ったことがある」など、オカルト方面での夫人の発言が大々的に紹介されております。日本メディアでは「好意的に紹介」などと嘘を書いておりますが、事実は完全に「キチガイ」扱い。

ただ、困ったことに、もう、世界中に鳩山夫人がサイエントロジーというカルト宗教に入っていることがバレてしまいましたから、これからどうするんでしょう?


台北 食いまくりの二日間
日本壊滅の原点を見届けてから、ヤケ食いの旅に選んだ先は台湾。

物価が高いというイメージがありますが、確かに、1日1000円以下の貧乏旅行は不可能ですが、2500円予算なら何とか生活できます。

宿泊したのは、台北駅裏にある1泊600元(1800円弱)の安ホテルでした。エアコンバストイレテレビ付ですから、この国にしてはリーズナブルな値段。

裏通りの安食堂で一杯50元(150円弱)のラーメンもいいですが、やはり、日本レストラン、、、

というのも、台北の中心部では、日本レストランがかなりスタンダードな存在になっていて、メジャーな繁華街に限ると飲食店の3件に1件程度は日本料理を扱うレストラン。

私もこれほどまでに日本食が幅を利かしているとは想像できませんでしたな。

しかも、定食が日本の半額ぐらいの値段で、だいたい120~150元で満腹となります。1000円も出せば、しゃぶしゃぶ食べ放題の店でもOK。

ということで、台湾まで行って、とんかつ定食とか鰻重とかばかりって、、、何だかなあ。




旅の準備
ここ数日は寝覚めも悪く、虚脱感や失望で何も手につかず、、、、

その割には、食欲は異常に旺盛で、というよりは、ストレス発散でバカ食いの日々。そのせいで、数ヶ月かけて4キロほど減量したのが、この1週間で元に戻るという結果に、、、人間の体は不思議だ。


明日から3泊4日で台湾に行ってきます。目的は屋台の点心をバカ食いすること!

食って食って食いまくるぞ!









copyright © 2005 ぼやき大爆発 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
★付属掲示板へはココをクリック★