FC2ブログ
ぼやき大爆発
世捨て旅行者の雑記帳
大阪が世界一住みやすいだと?
いささか旧聞になりますが、大阪府知事・市長選挙が、維新の会、(事実上、橋下派)の大勝となりましたな。

橋下さんの政策には全面的に賛同するものではありませんが、彼の行動力には本当に感服しますな。
私は、彼が府知事に立候補した頃から、ただのタレント候補ではないと看破していましたが、予想以上の策士であったわけです。

今回の選挙では、対立候補の平松市長側はあまりにもセコい選挙運動をしておりました。

平松市長は自身の成果として、「ひったくり発生率が低下した」とか、「放置自転車が減った」とかを大真面目にぶちあげたり、選挙ポスターには、「大阪が世界で一番住みやすい街」と記載して英国のエコノミスト誌から選ばれたことをことさら取り上げて、自身の成果と言いたげでしたな。

まあ、大阪が世界で一番住みやすい街などと、大嘘もいいところなんですが、、、何かの間違いか、統計上の偶然が重なったのでしょう。

私は大阪が大好きですけど、、、





最新素材のメガネがやっと届く
今時、メガネの納品に1ヶ月かかるのも珍しいですが、待ちに待ったNXTレンズ仕様のスポーツ用メガネをうけ取りました。

NXTレンズとは、新型のプラスチックレンズで、防弾シールド用に開発されたとのこと。商品の宣伝では、厚さ3センチのNXT樹脂が拳銃弾をストップさせるほどの強度がセールスポイントです。

嘘か本当か、米軍ヘリコプターの風防シールドにも使われているとか、、、

私はこういう謳い文句に弱い。

さっそく、大枚2万円も払って注文したわけですが、店の人の話によると、レンズ自体はイタリアに発注しているから時間がかかるとのこと、、、そして、待つこと1ヶ月。

現物を見ると、、、

私はド近眼なので、レンズの両端はかなり厚く、1センチくらいはありそう。普通、メガネレンズは薄い方が見た目がいいですが、なんとなく強度がありそうで、頼もしく見えますな。

スポーツ用途だけではなく、作業用の安全メガネとしても使えそう。





時には日本人も大陸で同じことをやってみろ!
少し古いですが、時事通信より転載。


大手新聞元社員から退職金奪う=昏睡強盗容疑で中国人の女逮捕-警視庁

 大手新聞社元社員の男性に睡眠導入剤を飲ませ、退職金を含む1650万円を奪ったとして、警視庁組織犯罪対策2課などは24日、昏睡(こんすい)強盗容疑などで、いずれも中国籍の女で無職の鄭菊英(41)=横浜市中区弥生町=、兪朱華(42)=東京都品川区南大井=両容疑者を逮捕した。
 同課によると、鄭容疑者は容疑を否認し、兪容疑者は認めている。両容疑者は別の窃盗事件で公判中で、逮捕は6回目。同課は2009年10月以降、計19件3350万円の被害に関与したとみている。
 逮捕容疑は4月22日未明~同24日未明、中央区銀座の路上で男性(60)に声を掛け、新宿区内のカラオケ店で睡眠導入剤入りの飲み物を飲ませてもうろうとした状態にさせ、盗んだキャッシュカードから計1650万円を奪った疑い。(2011/11/24-12:19)



まあ、夜の繁華街で中年のシナ人女に、「にさん、マサジするか?」なんて声をかけられることは、珍しくありませんが、ホイホイ付いていく方も魔がさしたんでしょうか?

いつもいつも外人にしてやられている日本ですが、例えば、これと同じ犯罪を日本人が上海あたりでやれば、むしろ拍手をするんですが、、、、
亡国の民 朝鮮民族の明日はどっちだ!?
仮に、現時点で、「明日から韓国はアメリカ合衆国に編入されて、合衆国51番目の朝鮮州となります、、、、」と、突然、オバマ大統領とイ大統領が共同宣言したなら、韓国人はどんな反応を示すか???

想像できるのは、
「やった!明日からウリはアメリカ国民ニダ! 世界一のアメリカ人になったニダ! これで日本に威張れるニダ!」

と、狂喜乱舞して喜ぶ韓国人の姿ですな。

涙を流して悔しがる韓国人は少数派でしょう。これはアンケート調査で、国民の90%が外国に移民したいという回答をしていることから見ても明らか。

まさに「亡国の民」とでも言うべき、朝鮮人の民族性ですが、実は、すでに亡国と化しているのが実情。

北鮮の唯一誇れる豊富な地下資源のほとんどは、すでに中共系企業が採掘権を押さえているといわれており、要するに、「体制を保障する代わりに資源はもらうからね」と中共に脅されて、渋々承諾した北、そして、アメリカに対する経済的属国化を決定付けた「米韓FTA」を締結した南は、結局は同じ方向性で歩んでいるわけです。

しかし、「日本海呼称問題」、「竹島問題」、いわゆる「従軍慰安婦問題」など、韓国には実質的にどうでもいい不毛な運動に膨大なエネルギーを使っていながら、亡国の道を一歩づつ進んでいる韓国のバカさ加減にはあきれますわ。





仕事と名が付けば、モラルも忘れる人々
みなさんは、ファミレスとか喫茶店で、思わず隣席の客同士の会話を盗み聴きしてしまうことはありませんか?

今日は、いつものように某ファミレスで雑誌を読んでいたら、隣のテーブルで20代後半くらいのOL風の女性二人が、分厚いマニュアルを読みながら訪問販売のロールプレイングをしておりましたな。

要は、電話でのアポ取りから、訪問時のセールストークを、お互いが交互に顧客と販売員を演じながら、練習していたわけです。

ところが、練習の推移を聞いていると、どうやら、マトモな商品の勧誘販売ではないことがわかってきます。

例えば、「電話では、相手の年齢を引き出すように質問して、ターゲットが70歳以上の女性層であることを確認してから、訪問のアポを取る、、、、そうでなければ、こちらから電話を切ってしまう」

と、マニュアルを読みながら互いが確認して練習しておりましたな。

商品は、介護関係のグッズのようでしたが、そもそも訪問販売とは、需要のないところを口八丁で売りさばくわけで、判断能力が極端に低下している高齢者層は、この種の商法にはカモといえるわけです。

その女性2名も、商品を買わせるようにもっていくセールストークをあれこれ練習しておりましたが、高齢者を半ば言いくるめて買わせようとする練習をしているにもかかわらず、罪悪感というものはまったく私には感じられませんでした。

こういう仕事をしている人々のメンタリティーというものは理解できませんな。





大王製紙の社長が羨ましいのう
ギャンブルに嵌まり込むということは、要するに、負けを取り返すために、手持ち資金が底を尽き、借金してでも元を取り返そうと、さらなる深みに嵌り込む、、、

一度でも勝った経験があると、その記憶をもう一度体験したいために果てしないチャレンジが続くわけですが、要するに、逮捕された御曹司も、パチンコの餌食となったそこらのオッサンたちと脳内構造は違わなかったということか。

しかし、カジノと言っても、どこの国のカジノか、ぜひ知りたいですな。まさか、韓国とかマカオのイカサマカジノで周到に嵌められたとか?

続報を待ちましょう。



旅行代理店は詐欺商法をやめい!
何気なく、全国展開する某旅行代理店のウエブサイトを見ていたら、航空券が「パリ往復3万8千円」との見出し。
「ほう、、、安いな」と思いつつ調べてみると、

「別途、燃油サーチャージが5万円」


必要なことが判明、、、、、


結局、なんやかんやで総額は9万円を越えてしまうことに。

この価格表示、以前から紛らわしいことが指摘されておりますが、いい加減、公正取引委員会なんとかせい!!




中共経済、イケイケドンドン報道の終焉
中共不動産バブルの崩壊が日本の各新聞でも報じられるようになりましたな。

日本の保守派が何年も前から警鐘を鳴らし続ける中、中共の提灯報道をひたすら続けてきた新聞が、書かざるを得なくなってきているということなのでしょう。

もうひとつ、TPP参加積極派が論陣を構える上で、中共経済減速と軍事的脅威を利用するという向きもあるようですが、まあ、理由がどうであれ親中派を縮小させる効果は実際にあるわけで、これはいい傾向ですな。

現在の中共は権力交代に伴う移行期間で、なんとか今のうちに日本は攻勢をかけるべきでしょう。
日経新聞よ、もうISD条項の解説を始めてもよかろうが!
主要新聞各社は、TPP表明までの間、まさしくキチガイのようにTPPの害悪を隠蔽し続け、国民の反対派に利すると思われそうな情報を無視してきましたな。

もう、APECで予定通り、野田がTPP参加を表明したんだから、せめて日経新聞くらい、そろそろネガティブな情報も出してくると思いましたが、とにかく、この紙面にISD条項という単語ひとつさえ載らないのは異常。

このブログの読者ならご存知だと思いますから詳しい説明は省きますが、おとといの国会質疑では、野田自身がこのISD条項を「寡聞にして知らず」と答弁していることから、(この事実もマスコミは無視)官僚たちも、敢えて官邸サイドにはネガティブ情報を上げていないのでしょう。

ただ、一部テレビ番組では、例えば「たけしのTVタックル」のような娯楽性の強い番組でもISD条項を取り上げているのに、ビジネスマン必読の日経新聞が隠し続けているのは何とも摩訶不思議。

もう、お前らの希望通り、TPPからはどうせ後戻りはできないんだ、、、本当のことを語ろうぜ、、、
地獄はこれからだ、、、野田がTPP協議参加を表明!
極めて予想通りの展開でしたが、民主党内の議論はある意味、茶番劇。最初からTPP参加は既定路線でしょうな。

これで、後世の歴史家は、歴代総理ワースト1を菅、ワースト2を鳩山、そして野田をワースト3に認定することは間違いないでしょう。もちろん、近衛文麿や東条英機よりも悪いという意味。

政権交代で続いた民主党総理3人が、歴代ワースト1、2、3で決まるというのも凄いことです。

実は我々は、歴史的に凄い時代に生きているのかも知れませんな。

考えてみると、2年前の衆院選に際しては、「民主党政権になると日本は破滅する」と予言していた私ですが、まさに、その方向に舵を実際にきった形となりました。

バカ日本人の半数は、TPP参加に賛成のようですが、

地獄を見るのはこれからですよ、、、
お笑い芸人がカンボジア国籍を取得
猫ひろしとかいう芸人が、次期ロンドンオリンピックの男子マラソン出場を狙って、カンボジアに帰化したと、新聞報道されましたな。ベタ記事ですがほとんどの全国紙に載ってました。

要は、全体的にレベルの低いカンボジアなら、代表の可能性があるとのこと。実際、ハーフマラソンでは国内3位に入賞したそうです。

日本は複数国籍保持を法的に認めてはおりませんが、実際は日本国籍を離脱するには申告手続きしなければならず、強制的に剥奪するような措置はしておりません。

したがって、外国籍を取得した日本人は、まず、ほとんどが重国籍のまま生活しているはず。

私もかつて仕事上、2人の多国籍日本人女性(それぞれアメリカ人、フランス人男性と結婚後国籍取得)と知り合ったことがありますが、20年以上も2重国籍のまま何の不自由もなく生活しておるそうです。

ということで、普通なら必ずしも、くだんの芸人が日本国籍を捨てることはなさそうですが、いかんせん、理由が理由であるうえに、マスコミにも報じられて、法的には認められていない2重国籍を続けることは批判の対象になることは間違いありません。

そこで、ルールにのっとり、日本国籍から離脱したとして、オリンピック後はどうするんでしょうかね?

そのままカンボジア人として日本に永住申請するの?





いっそのこと日本のゼネコンに発注せい! 洪水処理に見るタイ人のどうしようもないバカぶり
タイの国土のおよそ3分の1が水没してかなりの時間が経過しておりますな。

まあ、せっかく作った堤防を市民がブチ壊したり、政治的対立関係で国内で足を引っ張り合って統制できないのが主たる原因とされてますが、多分、根本的に土木建築とか治水とかの技術者も設備もノウハウも欠如しているんでしょうな。

ここまで長引いたのは間違いなく人災です。

多分、日本の五洋建設あたりに委託すれば、1週間くらいで完璧な対応策を作ってくれるでしょう。

インラック首相を見ていると、危機管理ド素人のバカ菅政権時に震災が起きた日本を彷彿とさせるようで、なんとも最悪のタイミングで洪水が起こってしまいました。

報道からすると、どうしていいかわからないので毎日、兄やんのタクシンと電話して指示を仰いでいるとのこと。

もう、プライドを捨てて日本のゼネコン連合に全部任せたら?

野田が週明けにもTPP参加を表明か?
大詰めを迎えたTPPの話題ですが、私は基本的には日本衰退の発火点となるこの貿易交渉参加には反対の立場。

ただ、個人的には多分、どちらかと言えば、TPPに加盟すれば受益者に入る人間かも知れませんな。

というのも、今、巷でささやかれているのは、TPP加盟後は実質上、アメリカの企業にも日本の公共事業を開放する義務が生じて、すべての公開入札を英語でも行うよう圧力をかけてくることは間違いないだろうという話。

日本人の英語ベタの最大の理由は、日本で生活する限りにおいて、実際に英語が必要でない社会だからですが、もし、どんな小さな地方公共団体でも英語で公開入札を行わなければならないとなれば、これはもう、革命的に英語ができる人間が重宝される社会になります。(まあ、中小の土建屋は淘汰されるでしょうが、、、)

私はプラントエンジ専業の会社で働いたことがありますが、この種の仕様・契約関係の英語は複雑多岐で、素人がすぐにできるものではありません。したがって、専門のコンサル会社が日本中に乱立するか、アメリカから乗り込んでくるのは間違いなし。

私の就職先が増えるとすれば、TPPも個人的には悪くはないかも?







ギリシャに振り回されるEU
ヨーロッパを一通り旅行すれば誰でもわかることですが、スペイン、ポルトガル、イタリア、そしてギリシャあたりと、ドイツ以北とでは人の生き様が全然違いますな。

南欧の人々を形容して、まあ、「人生を謳歌している」と言えば聞こえはいいですが、所詮はぐうたらな連中。おもいっきりキリギリス的な生き方ですわ。

共通しているのは、各国とも時代は違えど、かつての一時期は世界に冠たる帝国や文明を築き上げた経験があること。
何かと不評を買うギリシャもそう。著名な哲学者たちの名は人類が存続する限り後世に伝えられるでしょう。
また、我々にとってギリシャ文字は数学や物理学でお馴染みですが、あと1000年先の未来でも、数学ではギリシャ文字が使われているはずです。
やっぱり、一度天下を取った民族は日々の研鑽を怠って、ぐうたらになっていくんでしょうかね?

今のギリシャは2000年先の日本の姿?

だったら日本の将来もそれほど悪くはない!







嘘広告が多すぎる
Sという、英会話教材がテレビ通販で大々的に宣伝されておりますな。

プロゴルファーの遼くんが広告塔となって、「繰り返し聞くだけで英語ができるようになる、、、」が謳い文句。

そういえば、昔、オーソンウエルズの語りを売りにした英語教材が新聞の全面広告で目立った時代もありました。

ネットで自在に英会話学習に転用できる素材がダウンロードできる時代に、わざわざカネを払ってCD買う必要もないと思いますが、、、、

まず、英語に関していうと、30歳を超えて学習を再開しても、満足に習得することは不可能。せいぜい、旅行会話レベルが関の山。

「物事を始めるのに遅いということはない」などという、無責任な言葉にどれだけの人々が無駄な時間を浪費するハメになったか?

でも、あの教材、売れてるんでしょうな。

その程度のネガキャンでは、あいつには効かん
文春・新潮が申し合わせたように2週連続で橋下前大阪府知事のスキャンダルをトップにもってきましたな。

と言っても、橋下氏本人のスキャンダルとか疑惑とかではありません。
あくまで、出自の秘密が暴露されただけの話で、親族の話が記事の本筋。

ただ、私にはこれらが大阪市長選挙へのマイナスイメージには必ずしもつながらなような気がしますわ。

まあ、一般的傾向として、大阪市民というのは出自で投票行動を決めるようなことはしませんな。良くも悪くも、西川きよしやノックが簡単に当選してしまうような土壌があるのは確か。逆に橋下氏への親しみとか同情が高まると思います。

特に、今回のライバルは、地元では有名なアナウンサー出身者で、線が細く、今回の週刊誌記事で橋下氏の迫力というか、凄みが逆に増した面も否定できません。

週刊誌記事が計らずとも明らかにした点は、どんなにアラ探ししても橋下氏に致命傷を与えうる決定的なスキャンダルが皆無であることを逆に証明してしまった点も見逃せませんな。

文春も新潮も、あまり意味のないネガキャンをやるんだったら、民主党の国会議員、例えば、韓国籍から帰化したF某などのように、まだカミングアウトしていない連中がいるので、そっちを暴いてもらいたいですな。

昔のテレビは何でもアリだった、、、
今のテレビはなぜ面白くないか?
答えは簡単。
「ヤラセ」や「仕込み」「サクラ」が極端になくなり、エロ・グロ・ナンセンス・オカルトがほぼ一掃されてしまったからですな。

考えてみると、テレビ時代の全盛期とも言える昭和50年前後の人気番組を見ればよくわかります。

夏場のワイドショーは「心霊特集」花盛り。読者の恐怖体験談の再現フィルムとか、あんなのは放送作家の創作でしょう。夜は矢追純一のUFO特集。まあ、あんなデタラメな番組をよくも毎度作ったもんですが、いつも見てましたな。

夜は11時を過ぎると、完全なアダルトタイム。ヌードショーとか風俗レポートとか、子供は寝る時間でした。

いや、10時台のドラマでも、結構、視聴者サービスのレイプシーンとかがあって、ブラジャーがはだけるシーンで「寸止め」がかかるのはお約束でした。「プレイガール」はその代表作品。

ドリフのカトちゃんが、音楽に乗って服を脱ぐ、、、ゴールデンタイムで、ストリップを笑いのネタにしていた時代ですな。

あの頃は本当に俗悪番組全盛時代でした。


copyright © 2005 ぼやき大爆発 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
★付属掲示板へはココをクリック★