FC2ブログ
ぼやき大爆発
世捨て旅行者の雑記帳
再度シナに入国
最終目的地ホンコンに向かうために、ナンニンにバスで移動の予定です。
ハノイ到着
元気にやってます
中越国境の街から
どういう基準か判りませんが、大陸では閲覧可能ブログと当局から遮断されているブログがはっきりと分かれており、FC2はアクセス不可能。

ということで、この投稿は国境を超えたベトナムの電波を拾ってアップしました。
元気で旅行中です。

明日は 広 州だ
今日はホンコン最後の日。
ここのところ不穏な空気が渦巻く中、不可解な爆弾事件が、、、
謀略か内部抗争かテロか??
出入国検査が強化されるかも。
ホンコンに出発
明日は久しぶりのホンコンです。
パスポートの日付を見たら6年ぶり。もうそんなになるのかと驚きましたな。

何が驚きかというと、これをTBSテレビが全国ニュースで報じたこと
まずは記事の転載。

名を5回変更…韓国籍の男、通称悪用し携帯詐取

埼玉県警組織犯罪対策課と大宮西署は1日、韓国籍でさいたま市西区清河寺、無職文炳洙容疑者(43)を詐欺と組織犯罪処罰法違反(隠匿)容疑で再逮捕した。
発表によると、文容疑者は8月7日、さいたま市の家電量販店で「青山星心」という通称を使い、携帯電話2台(販売価格計約12万円)をだまし取り、東京都内の携帯電話買い取り店で過去の通称名「清永奏斗」でこの携帯電話2台を売った疑い。
文容疑者は2010年10月~今年9月、さいたま市西区役所で5回も通称を変更して携帯電話やタブレット端末などを契約し、即座に転売する手口で、約160台(被害総額630万円)をだまし取っていたという。
西区役所が昨年10月、「通称を頻繁に変える外国人がいる」と同署に通報した。
文容疑者は「同じ名前の人が犯罪を起こして迷惑している」などとうそを言い、通称を変更していた。県警は10月11日、文容疑者が昨年10月に同じような手口で携帯電話とタブレット端末2台をだまし取ったとして逮捕していた。
調べに対し、文容疑者は「料金は払うつもりだった。(転売で得た金は)ギャンブルに使った」などと供述しているという。
(2013年11月2日15時21分 読売新聞)


ネットでのニュース配信だけで情報収集する欠点は、例えば、新聞やテレビでは第一面に持ってくる記事、あるいはニュースヘッドラインのトップにもってくる記事に序列をつけることで扱いの優劣がわかるのに対して、ネットでは大体が並列的に扱われることで、メディアが特定のニュースをどのように扱っているのか計り知れないこと。

私が新聞を敢えて読んでいるのは、各紙のニュースの扱い方を確認するためで、最初にネットで読んだ配信が、紙面ではベタ記事なのか、1面トップなのかを見極めるような作業。なんか、暇にまかせて評論家みたいな日常になってますな。

テレビニュースだけを見ている情報弱者と、ネット・新聞・テレビと重層横断的に情報を確認している人々とでは、ひとつの事象に対してでも見方が180度違うということがあり得ます。

上掲の事件もおそらくはそうで、在日韓国朝鮮人やシナ人の犯罪はできるだけ国民に知られたくないようにしているマスコミとしては、従前では新聞においてはベタ記事、テレビにおいては「無視」か地方枠に限定という扱い。

ところがTBSでは異例とも言える全国ニュースでの報道。

なぜ驚きかというと、TBSは在日社員がキー局で最も多いとされ、報道部長そのものが在日という噂。社内でどんな動きがあったのか知るよしもありませんが、これは注目すべき事象でしょうな。



畏れを知らぬ山本太郎
世に「街宣右翼」なる集団が存在することはご存知だと思います。

大音響スピーカーを搭載した街宣車で活動する右翼団体のことですな。

ただ、これにも2種類あることは普通の人は知りません。 ひとつは、行動右翼系で、言って見れば、ただの右翼。

問題は、もうひとつ方で、これが実は厄介な存在なんです。

それが「似非右翼」で、これは暴力団とか総会屋の部類に入れた方がいい集団。 街宣による脅迫で企業・個人から金品を受け取ったりすることを生業としております。警察庁の資料によると、毎年100人以上が恐喝罪とかで検挙されていますがら、実質上、暴力団の別働隊的存在。

この似非右翼は暴力団崩れがシノギのひとつとしてやっていたりしていて、在日韓国朝鮮人の比率が多いのが特徴。

本当の右翼か、似非右翼か見抜く方法は簡単。
街宣車にこれ見よがしに「菊の御紋」を付けている連中は間違いなく似非右翼ですな。

理由は簡単、御皇室に尊崇の念が少しでもあれば、菊の御紋を使用することなど畏れ多くてできないからです。
似非右翼の連中が、便宜上、御皇室の権威を利用しているだけだからこそ、そんな非礼なマネが可能なのです。

さて本題。

参院議員の山本太郎が宴席で天皇陛下に対して書状を手渡しましたが、「天皇の政治利用だ」とか、「マナーに欠ける」とかの意見がありますが、私としては単に「よくそんなことが出来たな」というのが率直な感想。

おそらく、山本太郎は「バカ」とか「無礼」とか「無知」とか言う以前に、冒頭に挙げた似非右翼の構成員のように、天皇に対して尊崇とか畏敬の念というのが心底皆無なのでしょう。

しかし、こんな奴を国会に送り出した都民の罪は重いですぞ。






名女優になるかならないかの分かれ目
芸能界というのは、(いろいろな証言で明らかになっておりますが)実力だけで重用されるような公平な世界ではありませんな。

ある意味、この世の矛盾とかが集約されている世界と言えるでしょう。

例えば、「ケンちゃん」シリーズで、ある世代以上には絶大な知名度を持つ宮脇康之はその自伝で、若い頃、ジャニーズ事務所に移籍したところ、合宿と称して社長が夜な夜な所属タレントと関係を持つ慣行があることを知り、それを拒否して事務所をクビになり、それ以来、芸能界を干されたと記しております。

女優の場合は、いわゆる「枕営業」というのがあり、権力者であるプロデューサーや監督、有力俳優と関係を持ち、可愛がられることが「名女優」への道ということが知られておりますな。

今週号の新潮では、巻頭グラビアで「サインはV」に出ていた中山麻里の現況をレポートしておりました。

彼女は、自宅近くのコンビニでレジのアルバイトをしているとかで、タレコミ情報に新潮が飛びついたと思われます。

私はその記事を見て、あれほどの美貌でありながら、女優としてはパッとしなかった理由がなんとなくわかりましたな。
ズバリ、彼女は目先の役を取るために枕営業するのを拒絶していたのではないか?これが私の推理。

なんか、思いつめたら「我が道を行く」タイプに見えました。


今日の夕刊フジ
1102.jpg









copyright © 2005 ぼやき大爆発 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
★付属掲示板へはココをクリック★