FC2ブログ
ぼやき大爆発
世捨て旅行者の雑記帳
新天皇即位の日程
さて、昭和という元号と西暦との換算は比較的簡単で、例えば昭和50年なら1975年、、、という具合に、25を足せばそのまま西暦なので、特に昭和生まれの日本人なら難なく換算できるはず。 また、大東亜戦争終戦の年、昭和20年が1945年であるなど、大きな区切りの年は双方とも同時に記憶していることも多いでしょう。

ところが、筆者の場合、平成から西暦への換算(あるいはその逆)は未だに暗算でできません。 平成の場合は、12を引くわけですが、例えば平成20年なら2008年という具合で簡単ですが、平成12年以前の場合、マイナスになってしまい、咄嗟に計算しにくい。
平成の世が20世紀から21世紀をまたにかけているのがややこしい原因ですな。
で、次の治世は平成31年の5月あたりになる見通しだそうで、となると、平成31年は次の元号の元年ということになります。
2019年が元年ですから、今度は18を足すという計算になる。 平成よりは換算が楽になりそう、、、、

我々が子供の頃、年寄りと言えば「明治生まれ」で、この「明治生まれ」というのが古いものの象徴みたいな扱いでしたな。 なにかにつけて、、、、、

となると、あと20年もすると、「昭和生まれ」が古いものの代名詞のように語られる時代がくるのか、、、、



集団痴漢が埼京線で捕まる
ネット情報で集まった男4人が逮捕されるという事件がありましたな。

ちなみに、痴漢の場合、下着の中に指を入れたりすると強制猥褻罪、外から触っただけなら迷惑防止条例というのが相場とのこと。

近年、特に増えているのがいわゆる「痴漢冤罪」というやつで、勘違い、あるいは自意識過剰な女性、または確信犯的にでっち上げて賠償金をせしめようという女が、訴え出るケースが問題となっております。

昔なら満員電車で若い女性にぴったりとくっつくと、「こりゃラッキー」だったんですが、最近は痴漢冤罪というやつがあり、これがやっかいで女性の証言だけで、ほぼ100%現行犯逮捕から訴追となってしまうということで、おそらく、女性が近くにくるのを避けようとする男性のほうが増えていると思います。

もちろん、実際に痴漢の常習者はいるはずで、今回、埼京線で逮捕された4人もそういう連中でしょう。 

しかし、女の体を触りたいという気持ちはよくわかるものの、敢えて実際に痴漢までしようという男は数百人に1人いるかいないかでしょう。 

ちなみに、筆者はポルノ映画館で隣のおっさんに股間をまさぐられたことがあります。 そこは、いわゆる「ハッテン場」というやつで、ゲイのおっさんが集まる場所。

まあ、別に害悪もないのでしばらく放置しておいたら、そのおっさん、調子に乗って顔を股間に寄せてきて、しゃぶろうとしたので、さすがにそれは断りましたが、、、、、、





日本は閉塞感に包まれているというのは嘘としか思えない
ここ最近、ビットコインやら○○コインやらというような、いわゆる「仮想通貨」が異常に高騰していて、完全にバブル状態ですな。

中国人が資金を逃避させるためにビットコインに注ぎ込んでいるという話で、なんと1ビットコインが100万円を突破したのだとか、、、

筆者が初めてその存在を知った頃、 確か1ビットコインは数十ドルでしたから、もう数百倍。 しかも、加速度的に高騰してきたのはこの1年くらいですよ。 これに刺激を受けたか、数多の仮想通貨が軒並み値上がりの様相です。

とにかく、中国人というのはこの手の投機に対しては物凄い勝負を賭けてきますから、もう、この感覚は日本人とは異質のもの。 とてもマネはできませんな。

我々はこの手の相場では、東証の2度に渡るバブル崩壊で痛い目に遭っていますから、もう、チャレンジしてみようという気がこれっぽっちも起こりません。 しかし、比較的若い世代では、ビットコイン長者みたいな人々が続々と出現しております。 まあ、バブルは当然ながら崩壊しますから、今の段階はすでに引き際なのかも知れません。

ネット関連ビジネスとしては、ユーチューバーなる職業が小中学生に人気の的。 この他、アイデアがあれば一儲けできそうなヒントがインターネット上には山ほど眠っております。 

なんか、今の若い人は羨ましい、、、、、
台湾で飛行機に乗り遅れた日本人女
LCCのフライトに乗り遅れて、所持金もなく途方にくれて泣いていた日本女の話がちょっとした話題になりましたな。

報道によると、京都の20代女性が川辺で野宿しようとしていたところ、警察に通報されて無事帰国したという話。

ちょっと、報道を真に受けるわけにはいきませんが、高雄に入っているLCCと言えば、ピーチアビエーションですかね?

大阪までの片道なら、空港で買っても2万円前後ですが、本当に所持金がなかったのかねえ? どんな初心者でも、というか初心者であるほど予備の現金は持っていくもんですよ、、、、本当のところはよくわかりません。

いや、そもそもLCCならカード決裁だから、カード持ってなかったのか?

まあしかし、国が国なら身ぐるみ剥がされて強姦されて、、、、ルーマニアかハンガリーか忘れましたが、殺された女子大生がおりましたな。




寒さの感覚の違い
今朝は寒いなあと思ったら、最低気温が5度。 真冬ですな。

しかし、本当に寒い地方というのは、2重窓で、24時間暖房入れっぱなしだから、室内はシャツ1枚で充分。場合によっては暑いくらい。

関東以南では、たいていが暖房も中途半端で、就寝時も暖かくしている家はほとんどないんじゃないか?





もっていく観点が全然違う、、、、亡命北朝鮮兵士の腹に寄生虫報道
板門店を突破して韓国に亡命した北の兵士、銃撃を受けて手術をしたら腸には寄生虫がウジャウジャいた、、、、、というニュース。

これを北鮮軍の食料事情の貧弱さという観点から語る識者が多いのなんの、、、、いや、それは違いますな。

これは、軍の医薬品不足と衛生管理体制があまり機能していないという見方から入っていくのが正しい観点。

そりや、人糞を肥料にしていれば、半島の食事に欠かせないキムチにギョウ虫・回虫・サナダ虫の卵が付着しているのはあたりまえの話。
要は、兵士が定期的に虫下しを服用していないということが明らかになったわけで、朝鮮人民軍では、もはや寄生虫に対応できる薬剤まで不足しているということ。

これは引いては、北朝鮮人民のほとんどすべてが腹に寄生虫を飼っていると言って差し支えないでしょう。 

ああ、そういえば、日本で韓国製のキムチを売ってますが、あれも寄生虫の卵が付いているかも知れませんよ、、、、



チャンネル桜がスカパーから撤退、今後はネット配信のみ
今月一杯で、衛星放送での配信は終了するとのこと。 
とりあえず、これからはユーチューブ経由での視聴が中心となります。

約14年の歴史でしたが、最初の3年は1チャンネル買い取っての24時間放送、資金難から他チャンネルの部分帯を間借りする形で10年以上も続いてきました。 ちなみに筆者は初回月から視聴しておりますが、やはり近年はユーチューブからダウンロードして見ることが多くなってきております。

時代の流れと言うべきか。

強力な電波利権
電波使用は国の管理下にありますが、その周波数はそれぞれの用途に従って厳格に振り分けられておりますな。

ここでは地上波テレビに割り当てられている電波利権の話。 各テレビ局は電波利用料というのを国に収めて、周波数の割り当てをもらっているんですが、その金額は在京のキー局でおおよそ年間3億円。 これが高いか安いかを比較するのに衛星放送のスカパー1チャンネル枠を買い取った額が年間約3億円、、、、つまり首都圏地上波1チャンネルと同等であるということを見るとわかりやすい。

その影響力の差を考えると、いかに地上波電波が安いかわかると思います。 電波オークションを民放連が避けている理由はこれ。この安い利用料を維持したいと考えているわけです。
世界のニート
ネットで拾ってきたデータで、ILO調べOECD加盟国のニート人口の割合(2010年)というのがあったので、そのままコピペします。
なお、パーセンテージは15歳から29歳までの各国の人口に占めるニートの割合を意味します。 データが少し古いのは容赦願いたく。

1位 トルコ……36.6%
2位 イスラエル……27.4%
3位 メキシコ……24.4%
4位 スペイン……23.7%
5位 イタリア……23.0%
6位 アイルランド……21.0%
7位 韓国……19.2%
8位 エストニア……19.1%
9位 ハンガリー……18.9%
10位 スロバキア……18.8%

11位 ギリシャ……18.3%
12位 フランス……16.7%
13位 ニュージーランド……16.3%
14位 アメリカ……16.1%
15位 イギリス……15.9%
16位 ポーランド……15.2%
17位 ベルギー……14.2%
18位 カナダ……13.5%
19位 ポルトガル……13.5%
20位 チェコ……13.2%

21位 フィンランド……12.6%
22位 ドイツ……12.0%
23位 オーストラリア……11.8%
24位 オーストリア……11.1%
25位 デンマーク……10.5%
26位 アイスランド……10.3%
27位 スウェーデン……10.3%
28位 日本……9.9%
29位 スイス……9.7%
30位 スロベニア……8.8%

31位 ノルウェー……8.5%
32位 オランダ……7.2%
33位 ルクセンブルク……7.1%

OECD平均:15.8%

先進国の中では、日本のニート率が極めて低いということがわかりますな。 逆に、トルコは若者の3人に1人がニートというのも驚き。 
一般にニートは先進国特有の現象と思われがちですが、同じくILO調べの2015年データで、今度は途上国を含めたニート率の順位だけをコピペ。 なお、5位以下の割合は有料情報で未掲載でした。


順位 国名 2015年
1 トリニダード・トバゴ 52.52 2
2 ホンジュラス 41.98
3 サモア 38.20 3
4 アルメニア 35.56
5 アルバニア --
6 パナマ
7 ナミビア --
8 パレスチナ --
9 コソボ --
10 タンザニア --
11 南アフリカ --
12 エルサルバドル --
13 レユニオン --
14 モルドバ --
15 スリランカ --
15 ボスニア・ヘルツェゴビナ --
17 エジプト --
18 インドネシア --
19 マケドニア --
20 トルコ --
21 フィリピン --
22 ペルー --
23 メキシコ --
24 キルギス --
25 イタリア --
26 コロンビア --
27 アルジェリア --
28 ドミニカ共和国 --
29 グアテマラ --
30 ベナン --
31 セルビア --
32 ブルガリア --
32 ブラジル --
34 コスタリカ --
35 ウルグアイ --
36 アルゼンチン --
37 クロアチア --
38 ルーマニア --
39 ウクライナ --
40 ギリシャ --
41 モンテネグロ --
42 米国 --
43 サウジアラビア --
44 スペイン --
45 イスラエル --
46 キプロス --
47 アイルランド --
48 タイ --
49 スロバキア --
50 パラグアイ --
51 チリ --
52 マレーシア --
53 ベルギー --
54 ロシア --
55 フランス --
56 ハンガリー --
57 シンガポール --
58 ニュージーランド --
58 ベトナム --
60 ポルトガル --
61 イギリス --
62 ポーランド --
63 エストニア --
64 フィンランド --
65 ラトビア --
66 マルタ --
67 カナダ --
68 モザンビーク --
69 オーストラリア --
70 スロベニア --
71 リトアニア --
72 カザフスタン --
73 ベリーズ --
74 カンボジア --
75 オーストリア --
76 チェコ --
77 スイス --
78 スウェーデン --
79 香港 --
80 デンマーク --
81 ドイツ --
81 ルクセンブルク --
83 ウガンダ --
84 マカオ --
85 ノルウェー --
86 蘭領アンティル --
87 オランダ --
88 アイスランド --
89 日本 --
90 フォークランド諸島 --
91 モンゴル

上掲データからわかるのは、まずもって、途上国の方がニート率は圧倒的に高いということで、おそらく全体の失業率も相当高いはず。 こういう国々のニートの多くは犯罪に走るんでしょう。 その点、日本のニートは良くも悪くも人畜無害。

まあ、日本はそれほど悲観する必要はありませんな。
ちんにゅうしゃは漢字で何と書く?
いや、ず~っと、「珍入者」だと思っておりましたが、実は「闖入者」だということを知りました。 日本語変換でもこの漢字で一発で出てきますな。

突然入って来た者、突如許可無く入り込んで来た人、などの意味だそうですが、「珍」という漢字の意味とうまくシンクロしているので気がつかなかったということと、当用漢字に「闖」が含まれていないために初等教育で教わらないのはもちろん、活字で目にすることがまずないという理由があるでしょう。

闖入者を「ちんにゅうしゃ」と読める日本人は少ないのでは?

ますます高齢者専門チャンネルとなりつつあるBS
土曜日の午後のBSの映画劇場は、、、、、

BSフジ、、座頭市、眠狂四郎、、、、、BSジャパン、、寅さん、、、

なんだか嬉しいラインナップですな。

特に、NHKが放送を避けている座頭市を毎週やっているのはよろしい。 「このドメクラがア~~!!!」を聞けるのは貴重。

100円得した喜びよりも10円損した悔しさの方が精神に受ける影響が大きい不思議
これは個人差があるのでしょうが、筆者の場合は喜びとか幸福感の持続時間は非常に短いですな。

逆に、不幸とか運のなさという感情は、些細なものでも結構、尾を引く、、、、、よくありそうな例でいうと、何か物品を購入したとして、同一商品が実はさらに安価に買えることを、入手した直後に知ったときの悔しさというか、そういう感情です。

これが、価格コムで最安値をチェックして、その時に入手できる最安値で買ったとしても、その満足感なんていうのは、すぐに忘れてしまいます。 安く買って当然、、、、と思い込んでいるからでしょう。

さて、昨日、スーパーでドリンクを買った際、94円で買った直後に84円の他社の同種商品の値札を発見してしまい、なんとも後味の悪い気分に、、、、、ええ、わずか10円の損得の話に過ぎません。 自分の器の小ささにあらためて思い知らされましたわ。



角界はモンゴル軍団で溢れていた!
なんだそんなことも知らなかったのか?、、、、と叱責されそうですが、当ブログの読者の皆さんは、おおよそ世間で人気のある大相撲とかプロ野球、プロサッカーなんぞに興味のある人はいないだろうと思いますから、もしかしたら皆さんにも驚くべきニュースかも知れませんな。

横綱の暴力事件を契機に少し調べてみると、
モンゴル人横綱がなんと3人もいることがわかりました。 

十両以上で12人、幕下以下も入れると20人以上のモンゴリアンが活躍しております。 相撲協会のサイトで調べてみると、十両以上の力士が71人(張出大関1名あり)となっているので、なんと、幕内6人に1人がモンゴル人、、、、、、、

ちなみに、モンゴルという国は土地は広いが、人口は300万人ぽっち。 大阪市くらいの規模と思えば間違いない。 国の大部分は草原で、首都のウランバートルは中国の地方小都市といった趣の小さい街ですな。

調べてみると、モンゴルの平均世帯年収は日本円にしてわずかに4万円程度。 もう一度言います、年収が4万円。 おそらく、国民の多くが狩猟放牧での自給自足生活で現金収入などない、、、というか不要なんだと想像できます。
ただし、都市部労働者の賃金は平均して月に4万円程度はあるようで、都市部と地方との格差は日本の比ではないようです。

で、話をもどして、大相撲の本場所では幕内以上の取り組みに懸賞が立ちますが、あれって調べてみると、1本あたり56,700円が勝った力士の収入になる。

四役が絡む取り組みになると、10本以上立つのが普通ですから、上位陣は1回勝つ毎に60万円、場合によっては100万円以上も懐に入る。

相撲に一回勝てば、モンゴル労働者の年収分が稼げるわけですな。 もちろん、懸賞金以外にそもそも給料はあるし、タニマチからの接待とか、余禄はいっぱいある。 そんな情報はとっくの昔にモンゴル人には知れ渡っているはず。

これなら、まさにジャパニーズドリームで、モンゴルの男の子が大相撲力士を真剣に目指すのも頷けます。
統失青年に遭遇す
自転車に乗っていて信号待ちしていると、身長165センチくらい、体重推定90キロの青年に声をかけられました。

服装が変で、今年最低の冷え込みで寒い中、Tシャツ1枚、スリッパを履いた裸足の様相、、、

話しをきいてみると、「集団ストーカーの被害に遭っているんです。話しを聞いてください、、、」

本人によると、創価学会や統一教会にストーカーされているんだとか、、、

「で、きみはどんな被害を受けているのか?」筆者が聞くも返事が要領を得ない。


この時点で、被害妄想野郎というのは大体分かりました。

こういうのに関わって苦い経験をしている私としては無視すればよかったんですが、10分くらい話し込んでしまいましたな。
小山さんのナンパテクニック
女子大の学祭巡りで忙しい小山さんですが、先週末は上京して某女子大まで行って来たとのこと。

彼がどうやってナンパするか、、、、、若い女を見つけると、道を尋ねるのをきっかけに知り合いになるのがいつものやりかた。 さすが客商売をしているだけに、そういうことには物怖じしません。

で、盛りに盛った肩書きの入った名刺を渡して、「いつでも遊びにこい」と餌で釣ろうとします。 なんといっても、彼の名刺には自分が経営する会社が5つくらい書いてあって、代表取締役となっている自分の名前が書いてある、、、、知らない人が見たら、「こりゃ、さぞかし凄い経営者なんだろうな、、、、」と、錯覚しますが、会社と言っても従業員なんか1人もいませんし、法人登記しているのは多分ひとつだけ。 そういう大風呂敷な名刺を持ち歩くのも、すべて自分を大きく見せるための小道具に過ぎません。

彼のコミカルなところは、そういう自分を大きく見せようとする演出はするのに、宿泊先が1泊3000円のゲストハウスだったりするんで、すぐにメッキが剥がれてしまう、、、、

キャバクラのねーちゃんを口説いて店外デートに誘うも、すぐに見抜かれて、メールの返事が来なくなる、、、、

バカは死ななきゃ直らんねえ、、、









当たり前の話だが、男と女は何もかもまったく違う
端的に言うと、「趣味はミリタリープラモの製作、、、軍事オタクで~す!」なんていう女がいたら、一度会ってみたい! そんな少女なんてこの世の存在しないでしょう。 もちろん、何の世界でも例外はあるので、軍事オタクの千人に1人くらいは存在していても不思議ではないんですがね、、、、まあ、趣向は男と女とでは明らかに違いますな。

そんなの当たり前のことですが、近年は、フェミニズムが異常に強くなっていて、昔は当然、男の仕事だった職業に、女がどんどん増えている、、、、電車の運転士とかに女が異常に進出しているのが好例でしょう。

本来は男の仕事に女を無理矢理突っ込むのはいかがかと思いますな。







進化のない旅行ライターの面々
さて、昨日、(自分にとっては)懐かしのアジア紀行作家のことを述べたついでに、現在、どんな風に活躍されているのか調べてみましたな。

文章もいろいろと読んでみましたが、さすが、プロとして永年活躍しているだけに、文体はこなれているんですが、いかんせん内容が、、、、

なんと言っても、読者の対象はあくまで旅行初心者レベルなんで、筆者もそうですが、例えば下川裕治氏なんかと、それほど旅行歴が変わらない読者にしてみれば、「斜め読み」どころか、ページをざっと一瞥しただけで、なんとなく内容がわかってしまう、、、、、、つまり、こういうこと、例を挙げると、スワンナプーム空港の情景を長々と文章で説明しなくても、「スワンナプーム」という単語だけ拾えば、こちらはパッと情景が目に浮かぶわけですよ。 文を読まなくても。 文庫本なら10秒くらいで目次を読むだけで本文は読む必要なし、、、となる。

なんと言っても、旅行作家の面々、書いていることが20年前と今とで変わっていない、、、、「こいつら全然成長してねえな、、、」と思ってしまう。

ブログやユーチューブでいくらでも現地情報が入ってくる時代に、文章の上手さだけで本を買わせるのは本当に難しいと思いますな。




旅行作家の真価が問われる昨今
80年代~90年代、アジアを貧乏旅行してきた人にとっては、下川裕二とか、前川健一、あるいは蔵前仁一なんていうライターは有名で、著作のいくつかをすでに読んでいるかと思いますな。

筆者は身銭を切ってそういう本を読んだことは一度もありませんが、なんせ、旅先の日本人ホテルとか日本レストランなんかに、置いてあったことが多くて、かなり読んでおります。

しかし、ああいうスタイルの紀行文なら、今ならブログで世界各地から発信されております。 確かに素人が書いているので文章は下手かも知れませんが、情報としては最新のものが連日更新されて読める、、、、

今でも本屋にはバックパッカー視点の紀行本なんてあるんだろうか??



シンゴジラが地上波登場!
コアな怪獣ファンのためだけに作ったような大傑作が今度の日曜日にノーカット放映。

筆者は劇場で二回見ていますが、おすすめです。特に、自衛隊との総力戦は大興奮間違いなし!
トランプ大統領に抱きついた慰安婦婆さんを見て思い出したこと
80年代半ばの話、、、、筆者が初めて韓国旅行をした際の思い出です。

当時は、韓国のホテルとか旅館に宿泊すると、必ず女の斡旋の電話がレセプションからかかってきましたな。 そして、駅の裏手には飾り窓が大抵ありました。 もちろん、現在でもありますが、売春禁止法が施行されている今と違って、売春が合法だった時代ですから、そりゃもう、かつての賑わいは凄かった、、、、

当時は、全斗煥の軍事政権下でソウルオリンピックを控えて高度成長を謳歌していたものの、日本人が持っていた漠然としたイメージは「怖い国」、学生暴動や光州事件のイメージそのままでしたな。 

実は性風俗天国だったということは、おそらく、韓国マニアだけしか知らなかったでしょう、、、、せいぜい、キーセンパーティーの話くらいが広がっていた程度。  今と違って、現地に実際に行ってみないと事情がわからないということで、まあ、そういう意味では筆者などはいい時代に巡り合ったのだと思います。

で、表題の話ですが、昔の韓国では場末の小路などを歩いていると、ポン引き婆さんの集団に遭遇することがよくありました。 韓国のポン引き婆さんは、、一斉に手を引っ張ったり、逃げようとすると抱きついてきて離しません。 かなり暴力的。

イメージ的には、ラグビーで3人くらいが一斉に飛び掛り足を止めるようなシーンを思い出してください。 トランプ大統領に抱きついた元慰安婦の婆さん、売春婦を引退したあとは、ポン引きでもしていたのでしょう。 あの抱きつきはそのものですな。








哀れ、、、、哀れな小山さん、、、、
ホテヘルに週一ペースで通う小山さんに久々に会いました。

何でも、秋になって大学の学祭に行くんだそうで、、、、、、しかも、女子大専門。

しかも、、、本気で女子大生をナンパしにいくという、、、、

無謀とか、バカとかを通り越して、もう、哀れで切ない、、、、

御年66の爺さんが、孫と言っても差し支えない女の子をガールハントするんですな、、、、

まあ、年の差は本人も意識しているようですが、透析中の一級身体障害者のじじいに寄ってくる女子大生など、いるわけがない。
しかも、カネをバラまくのではなく、あくまで正攻法にこだわり続けているのが痛すぎる。
ところが、小山さんは若い頃はもてまくったようで(.本人談)、当時の記憶が冷静な思考を阻害しているらしい。

余生短いとは言え、他に生きがいをみつけてほしいもんですな。

陳腐なドラマ
筆者は初めて見ましたが、「ゴールドアイ」という東映製作のテレビドラマがあるんですなあ、、、東映チャンネルで放送開始しましたが、おそらくCS初めての登場だと思います。

初回放映は昭和45年、夜9時というから、当時、小学生の私が知らないのも頷けます。

ドラマの内容は、一言でいうと、本格スパイドラマ。 同じ東映の「キイハンター」よりも硬派ですが、今の感覚ではかなり陳腐な作品です。 

第一回は、旧陸軍の偽札製造機で作られた偽米ドルを追いかけて偽造グループを抹殺するという話で、当時大人気だった「スパイ大作戦」の影響をかなり受けておりますな。

しかし、当時の実社会では、韓国、北朝鮮、ソ連、中共の工作員が暗躍していたわけで、敢えてそういう闇には手を付けないでマンガ的な虚構に走っているドラマを観ていると、陳腐に見えて仕方ありません。



BSジャパンの「土曜日は寅さん」企画、いつまで続く?
なんと、今年は三回目。

寅さんシリーズを何度も繰り返して見ていると、タコ社長の印刷会社って、シリーズ全般を通して概して火の車の経営状態ですな。
不思議なのは、日本がバブル期に入った頃、つまり80年代後半時代の作品でも、タコ社長は金策に四苦八苦していて、景気がよくなっている気配が描かれておりません。 バブル期の片鱗がうかがえる回としては、大原麗子が証券マンの妻を演じた「寅次郎真実一路」と、初のウイーンロケを敢行した「寅次郎心の旅路」くらい、、、、

劇中で博に「世界」を読ませているくらいですから、山田洋次監督の思想が想像できますが、仕事が山のようにあってバブリーなタコ社長は絶対に描きたくなかったでしょう。

博とさくらがローンで購入した戸建ての家も、バブル期末期には地価も相当上がって、ローンの借り換えとか、そういう話も出てきていいはずなんですが、、、、

哀れロッテ会長の末路
ロッテと言えば、「ロッテ歌のアルバム」とか「マグマ大使」のスポンサーとして子供の頃から馴染みの菓子メーカーでしたな。

このロッテが在日系だと始めて知ったのは、80年代になってからのこと。 韓国ソウルの真ん中にロッテホテル・ロッテデパートがあることを知り、調べてみると、創始者は在日という話。

このロッテは韓国では財閥の1つに数えられている有力企業グループですが、その創始者と跡取り息子2人に対して、ソウル地裁は懲役刑と高額の罰金判決を言い渡しました。 しかも、5年とか10年とか、殺人並みの量刑。

まあ、元大統領にも死刑判決を下す国柄ですから違和感はありませんが、創始者は95歳の高齢ですから、「人生の末路がこれかよ、、、」と祖国を恨んでいることでしょう。

いうまでもなく、ムン大統領肝いりの財閥バッシングのスケープゴートにされただけ、、、、日本で稼いだ資金で興した財閥という理由から世論の反発も少ないとの判断でしょう。 

まあ、韓国の司法は今更ながらムチャクチャですなあ、、、、

犯罪史に残る稀代の猟奇殺人か? 座間の9遺体事件
この容疑者、昨日決定した民進党の新代表と顔立ちがよく似ていて、朝刊で2人の写真が並んで載っているのが印象的でしたな。 こんな男に似ている大塚代表も迷惑でしょう。

我々は大久保清とか、宅間守とか、キチガイ犯罪者の名前を記憶しておりますが、また1人、そんな犯罪者が1人増えそう。

今風に言うと、間違いなくサイコパスということでしょう。 ただし、大久保清、宅間守とはタイプが全然違うことは確か。

早く全容解明してほしいもんです。
copyright © 2005 ぼやき大爆発 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
★付属掲示板へはココをクリック★