FC2ブログ
ぼやき大爆発
世捨て旅行者の雑記帳
近年はマスコミの軍事解説も格段に質が上がってきた
さて、テレビを通じて、韓国駆逐艦による自衛隊哨戒機へのレーダー照射事案を見ていると、各チャンネルとも、元自衛隊の将官とか、ちゃんとした経験や見識を有している専門家が番組内で解説していますな。

以前は、こういう表マスコミに登場する軍事専門の解説者という人々って、質がバラバラで、単なる兵器オタクが堂々と解説していたりとか、、かなり酷い状況でした。

そういうテレビ軍事評論の歴史を少し振り返ってみると、、、、

70年代と80年代、圧倒的にテレビ露出度が多かったのは、青木日出雄。 解説に定評があり、大きな航空機事故があると必ずこの人が出てきましたな。 後にこの人の息子の青木謙知も航空・軍事評論家の肩書きでメディアに露出しておりましたが、息子の方は自衛隊経験もなく、操縦経験もなく、単なる雑誌編集長でしたから発言に重みがまったくありませんでしたね、、、

90年代になると、江畑謙介が解説で引っ張り出されるようになります。 特に一般に知られるようになったのは、湾岸戦争で、NHKで連日のように登場した頃。 知名度は全国レベルとなりました。 ただ、筆者はこの人を「軍事評論家」と見るのは抵抗があって、どちらかと言うと、「兵器システム評論家」という位置づけでしょう。 
もう1人、小川和久が世に出たのもこの頃。 こちらは「軍事アナリスト」という肩書きでしたが、当時は、この2人がテレビ解説者としては双璧のようなポジションでしたな。 

湾岸戦争、イラク戦争の報道では、軍事解説者が不足したのか、様々な経歴を持つ様々な肩書きの専門家と称する人々がテレビに動員されましたが、これがまさに玉石混交で、岡部いさくのように、市井の軍事オタクと同レベルの知見しかないような人物も駆り出されておりました。
イラク戦争の際は、あの経歴詐称で知られた柘植久慶がテレビで解説していたのには驚きました、、、作家としての氏の実力は相当なもんですが、さすがにああいう山師的な人物を表メディアで解説させるのはよほど人材がいなかったのでしょうね、、、

さて、江畑謙介氏が存命なら、おそらく、現在でもマスコミでは重宝されているはずですが、彼は2009年に逝去。 

しかし、その後は自衛隊出身のしっかりとした知見を持つ解説者が続々と表舞台に登場してきて、レベルは格段に上がっております。
プノンペンの軍営射撃場(秘蔵映像)
1996年12月の映像を公開します。

当時、プノンペン観光のウリのひとつは、郊外での実弾射撃でした。 交渉すれば、1回あたり5ドル(弾代別)でライフルを撃てたので、筆者も随分と通いました。 そこで撮ったものです。


ちなみに、射手は若き日の私です。
(訃報) 声優・藤田淑子氏 死去
1950年生まれということで、えらく若いと思ったんですが、というのも、確か、鉄腕アトムの声を当てていた人、、、、となると、声優を13歳からやっていたの?

ちょっと調べてみると、アトムの声は、太田淑子さんでした。 ああ、勘違い。

たった一字違いということで随分と大きな錯覚をしていたもんだと思いましたな。

太田淑子(よしこ)は、鉄腕アトム、ビッグXのアキラ、リボンの騎士のサファイア、ひみつのアッコちゃん、あと、どろろの主題歌、、、、
藤田淑子(としこ)は、一休さん、、、、、(自分の世代ではこれしか思いつきません)

しかし、2人とも、声の質がよく似ているので錯覚していたのも無理はないか?

ご冥福をお祈り申し上げます。

幻の初期「サザエさん」が動画配信され話題に、、、
何が話題かというと、アニメ化当初の「サザエさん」が、結構なブラックユーモア風味だった、、、こと。

全編こんな感じらしい、、、、、


苦境を逆手に取ったユーチューバー
筆者もユーチューブチャンネルを作ってはみたものの、現時点では放置状態、、、なかなかコンテンツが定まりません。 

しかし、他の動画を見ていると、ユニークな人がいろいろといるもんだなと感心しますな。

最近おもしろいと思ったは、ニートが日本中を旅して回っている様子をアップしている動画。 再生数は1動画あたり数万を越えるアクセス数なので、収益で旅行代金は捻出できるレベルです。 

ユーチューバーとして成功するには、最低限、話術がないといけませんが、アイデア次第でまだまだ伸びる分野でしょう。
タイ公務員が着用している「イカサマ勲章」の正体がわかったぞ!
タイの公務員は、皆が軍人みたいな制服を着ているのは知られておりますな、、、、

例えば、、、

revenue031258-02.jpg

c1_912924_160328121317_620x413.jpg

Bus-driver-assistant-Bangkok-Thailand-Nguyen-Tien-Dat-NOI-Pictures-IMG-0341.jpg

最後の女性は、バスの車掌さんです。 右手に持つ「パコパコ」式の筒状の切符・小銭入れが見えますな。

で、みなさん、左胸に勲章の略綬(リボン)を装着しているわけですが、軍人と同様に、何らかの叙勲や表彰を受けた証なのだと以前から思っておりました。 

ところが、、、

筆者の知人の甥っ子に、今年、空軍士官学校に入った男性がいるんですが、メールで送られてきた、件の甥っ子の制服姿の写真を見て疑問が湧いてきました。

というのも、まだ、入隊したばかりなのに、この略綬を6個(3列2段)も左胸に装着していたんです。 まあ、そんなことは絶対にあるはずがない、、、、見得で付けているのだろうかと邪推もしましたが、調べてみると驚きました。

タイには、主要王族の還暦とかを記念して、メダルがいくつも創設されていて、それぞれに勲章のようなメダルと略綬があるのです。

その知人の甥っ子は、6個の略綬を付けていましたが、写真から解析してみると、装着しているすべてが、その種の記念メダルの略綬でした。 甥っ子が勲章を授与されたのではありません。

上掲の写真の中でも、みんな何らかの略綬を誇らしげに装着しておりますが、ほとんどが記念メダルの類、、、、、本人の仕事上の功績とは無関係なんですよ、、

タテマエは、王室に対する尊崇の念を表明しているということなのでしょうが、要するに、ただの飾り。

なんだかなあ、、、、
俺の相棒、M65フィールドジャケット
スタローンの代表作の1つ、「ランボー」の冒頭シーン、、、、
ranbo.jpg

ランボーが着ているM65フィールドジャケットに憧れて、当時、映画を観た後、すぐに米軍放出品の店で新品を買いました。
この頃はまだまだ円安の時代で、新品で1万8千円もしたのを覚えてますな。 

以来、冬になると筆者はこれを着続けており、今年で36年目、、、、さすが軍用品、色褪せたものの、ほころび一つありませんよ、、、

SANY0001.jpg
将棋界は羽生失冠で平成を終える
先日、将棋竜王戦で羽生永世7冠が最後のタイトルを失って、いよいよ無冠となりましたな。

なんと、平成時代のほとんどの期間、なんらかのタイトルホルダーだったということで、「羽生九段」という言い方が逆に新鮮に感じます。

しかし、大山名人がタイトル保持者でなくなった際には、偉業を称えられて「十五世名人」という肩書きが特別に許されたし、中原も現役晩年から「永世十段」と呼ばれていたことを考えると、羽生も、適当な肩書きの使用をよしとする機運が高まってくるのではないでしょうか?

「昭和の巨人」大山、そして「平成の天才」羽生、、と、見事なくらいに時代に符合していますが、次世代の藤井くんが台頭して、関係者だけでなく、市井の将棋ファンは誰もが羽生の後継者と考えているはず。 新時代の幕開けと重なる来期あたりに初タイトルを取ったら、こんな出来すぎた話はないでしょう。
嘘つき民族の韓国人とバカ正直民族の日本人
今般の自衛隊機ロックオン事案の韓国側の言い訳が、本当に子供騙し程度のデタラメなもので驚きますな。

「漁船を捜索するために使用した火器管制レーダーが偶然、自衛隊機に照射されたもの」 が韓国の言い分ですが、こんなデタラメな理由を考えて恥ずかしくないのかと思います。 もっともらしい言い訳は他にあっただろうに、、、

ただ、こういう白々しさとか、堂々とした嘘を並べることができる胆力みたいなものは、日本人にも必要。 バカ正直で直線的な日本外交を眺めていると、本当に歯がゆくなりますよ。

日本もナメられたもんだ
艦艇には大別して、3種類のレーダーが装備されております。

まず、洋上の捜索レーダーで、これは民間の船舶でも装備していますな。 そして、防空用の捜索レーダー。 で、火器管制用のレーダー。 火器管制用のレーダーは、兵器の種類毎にありますから、ひとつの艦艇に数種類が混在して複数あります。 これらは、用途が違うために、電波特性が微妙に違っていて、電波強度・波長・PRF(パルス反復周波数)が別々となります。
他方、イージス艦が装備するフェイズドアレイ・レーダーというのもあり、これは特殊な分類に当たるでしょう。

今回、海上自衛隊の対潜哨戒機に対して、韓国海軍の艦艇からこの火器管制レーダーが照射されたという事案が発生したとのこと。

自衛隊と米軍と韓国軍は、お互いのSIF識別コードを共有していますから、韓国艦艇が自衛隊機の識別をできなかったということはありません。 つまり、確信犯的に自衛隊機とわかって電波を指向してきたわけ。

いわゆる、「ロックオン」の状態で、対空ミサイルに照準されていることを示す行動となりますな。 ロックオンされていることは、哨戒機側には警報が鳴ることですぐにわかりますから、即座にチャフを射出して回避行動に移ったものと思われます。

本来、韓国は日本に対して謝罪するべきなんですが、なんだかんだ謝りたくないようで、わけのわからない言い訳をしております。

しかし、これは日本が甘く見られているということ。 おそらく、中国やロシア相手にはこのようなマネはしないと思いますな。
やっぱり公募価格割れしたソフトバンク株
「5%の高配当」という謳い文句で証券会社から勧められて購入してしまった投資家の人々は、上場初日で含み損が出てしまう結果になりましたな。 株式市場全体の地合いも相当悪いので不運な側面もありますが、やはり、中国企業をパートナーとしてきた同社への不安が露呈した形となりました。

これ、マスコミはあまり言いませんが、米中貿易戦争は決着がつくまでは終わりません。 日本企業は戦略の見直しをして中国市場からの脱却を図らないととんでもない結末になりますよ、、、、
間違って日本で使用されて定着してしまったカタカナ英語
特にテレビで使用されて久しい、あの「セレブ」という単語。

セレブリティー(celebrity)が由来なんですが、これって、「カネ持ち」という意味で使用されておりますが、本来の英語の意味は、

「有名人」

オックスフォード辞典からそのまま引用すると、、、、、

1 A famous person, especially in entertainment or sport.

‘he became a sporting celebrity’
as modifier ‘a celebrity chef’

1.1 mass noun The state of being well known.
‘his prestige and celebrity grew’

もちろん、芸能スポーツ界の有名人と言えば、当然ながらカネ持ちである場合が多いわけですが、語原からすると、必ずしもカネ持ちであることを兼ね備える必要はなく、無理矢理こじつければ、マスコミに注目を浴びている有名なホームレスのおっさんがいたとすれば、そのおっさんも「セレブ」と言えなくもない、、、、
広さ・大きさに対する文化論
外国に行ったり、国際交流をしたりしていると、必ず話題の遡上に挙がってくるのが、表題の話。

つまり、端的に言うなら、狭~い日本に生まれ育っていると、米国のように何でもかんでも大きく広い国で生活すると、一方で住環境などに羨ましく感じるものの、他方、妙な居心地の悪さを持ってしまうという感覚、、、、、あれですよ。

例えば、ビバリーヒルズの豪邸って、ベッドルームが4つも5つもあって、公園ほどの広さの庭がありますが、「ああ、羨ましい、、、あんな家で住めたら最高かもなあ」と思いつつ、おそらく、実際に住んだら、居心地が悪く感じるに違いない、、、もちろん、自分が貧乏な家の出で、6畳2間くらいの借家に住んでいたという幼児体験が非常に大きい。 日本人とこの種の話をすると、大抵の人が同様の考えを持っているようで安心しますが、、、

そういえば、筆者も以前、ホテルのスイートルームに宿泊したことがありますが(もちろん自腹ではありません)、1人で持て余してしまい、シングルルームにすぐにチェンジしたことがあります。 こういう感覚が広く浸透しているからこそ、日本ではカプセルホテルがすぐに定着したんでしょう。 

天皇陛下の御所でさえ、米国の富豪の住居と比較すれば本当に慎ましく、質素なもんで、これが日本人の住居に対する感覚の根源とも言えますな。

さて、アジアに限って話を絞ると、日本はまだいい方で、韓国では戸建ての家に住めるのは、田舎の百姓か都市部の富裕層が中心。 中流の大多数は高層マンションに住んでおります。 まあ、中国も似たようなもので、一戸建てとなると、都市部のかなり郊外になりますな。 しかし、鉄道網が発達している日本と違って、都心に通勤するのは難しい。

他方、タイやフィリピンでも中流以上になると、日本よりも広い家に住んでいるので何故かちょっと悔しい。

タイではムーバーン(村の意)、フィリピンではサブディビジョンなどと呼びますが、塀で囲って、独自の警備員を入り口に置いて、住民以外は出入りできないような新興の団地があります。 治安の悪い国ならではの運営形態で、団地の中には住民しか使えないスポーツジムやプールが完備していたりします。
あなたは何曲知っているか?
歴代のオリコンチャート、シングル売り上げ枚数ベスト20というのがあったのでご紹介しましょう。

順位 作品
歌手名 総売上枚数

1位 およげ!たいやきくん
    子門真人    457.7万枚

2位 女のみち
    宮史郎とぴんからトリオ  325.6万枚

3位 世界に一つだけの花
    SMAP       312.5万枚

4位 TSUNAMI
    サザンオールスターズ  293.6万枚

5位 だんご3兄弟
    速水けんたろう、他   291.8万枚

6位 君がいるだけで/愛してる
    米米CLUB       289.5万枚

7位 SAY YES
    CHAGE and ASKA  282.2万枚

8位 Tomorrow never knows
    Mr.Children      276.6万枚

9位 Oh! Yeah!/ラブ・ストーリーは突然に
    小田和正        258.7万枚

10位 LOVE LOVE LOVE
    DREAMS COME TRUE  248.8万枚

11位 YAH YAH YAH/夢の番人
    CHAGE and ASKA    241.8万枚

12位 名もなき詩
    Mr.Children   230.8万枚

13位 桜坂
    福山雅治      229.9万枚

14位 CAN YOU CELEBRATE?
    安室奈美恵      229.6万枚

15位 DEPARTURES
    globe       228.8万枚

16位 黒ネコのタンゴ
    皆川おさむ    223.6万枚

17位 WOW WAR TONIGHT
    H Jungle With t   213.4万枚

18位 恋の季節
    ピンキーとキラーズ  207.7万枚

19位 Automatic/time will tell
    宇多田ヒカル    206.2万枚

20位 TRUE LOVE
    藤井フミヤ     202.3万枚


筆者が上掲のリストの中で知っている曲を上から順に挙げていくと、、、、

およげたいやきくん、女のみち、黒ネコのタンゴ、 恋の季節、、、、この4曲だけ! 

あとは、アーティストの名前は良く知っていますが、タイトル名だけではどんな曲か想像もできないですな。
「煽り運転」が問題になっているが、、、、
この「煽り行為」、銃社会の国(米国、タイとかフィリピン)でやったら銃撃戦になる可能性がでてくるから、やる側も覚悟がいりますなあ、、、

しかし、あの懲役18年判決を受けた男、あんな凶暴な奴に免許を与えたらだめだねえ、、

ファーウエイのスマホを安売りしないかなあ、、、、
この期に及んでファーウエイのスマホを買う人々はよほどの情報弱者か、すっぱりと割り切っているユーザーだけだと思いますな。

筆者の場合もスマホではデリケートな情報は扱わないので別に構いませんよ、、、

1万円くらいで高性能機が投売りにならないか待ち遠しい、、、、
ソフトバンク株は大丈夫かね?
バブル時代末期に世間を騒がせたNTT上場以来の大型IPO(新規株式公開)ということで、19日にいくらで寄るのか注目が集まっておりますな。

IPO銘柄の常識的な株価推移は、公募価格以上の初値で寄って、上場後しばらくのあいだは値をグングン上げて、一部が利益確定すると若干、値を下げて以後は安定的に推移する、、、こんな感じでしょう。 経験則からして、当初の株価上昇が予想できるために、IPO銘柄には人気が集まり、なかなか抽選を当てることができないのが普通で、今回も相当な人気であると報じられておりました。

ところが、ソフトバンクのIPOを目前にして、全日本エリアを巻き込む大規模な通信障害を起こし、日本政府がファーウエイ排除の方針を固めて、5G戦略の転換を余儀なくされたのも不吉な予感、、、、、

大きく値を下げるようなことになるんじゃないの?
今年亡くなった有名人を振り返る
当ブログで訃報として取り上げた人々を総括してみましょう。

1月 星野仙一、 夏木陽介、 西部 邁
2月 川地民夫、 大杉漣
3月 古賀新一
4月 朝丘雪路
5月 西城秀樹、 星由里子
6月 ビッグバンベイダー
7月 マサ斎藤、 橋本忍
8月 津川雅彦
10月 佐々淳之、 田中信夫
12月 ダイナマイトキッド

あらためてご冥福をお祈りいたします。
哀れ韓国、5Gからの中国排除を宣言できず、、、
すでに日本が次世代通信網からのファーウエイ排除を決めている中、例によって韓国は米中を天秤に掛けながら沈黙を守っておりますな。

日本相手には威勢のいいことばかり言うくせに、米中相手となると途端に何も言えなくなる、、、強いものには媚びへつらうという民族性がよく出ております。

しかし、在韓米軍もまだいることだし、同盟国である韓国はいずれは踏み絵を踏まされることになるはず、、、もう、中国側に行って貰った方が分かり易いんですがね。
外国人労働者として招聘する場合、最も適している国は?
改正入管難民法が成立して、いよいよ来年の3月から、単純労働を認めた新たな在留資格で30万人の労働者が来日してきます。

報道によると、日本の周辺8カ国から分散して労働者を招聘できるように各国と提携していこうという枠組みのようですな。 提携が済んでいるのは、中国、ベトナム、フィリピン、カンボジア、ミャンマー、インドネシア、タイの7ヵ国。 あと1カ国はまだわかっていませんが、マレーシアかネパールかのどちらかでしょう。 

筆者はこういう分散招聘には反対で、それぞれの国の事情を比較して、できれば1カ国に絞るのが効率的だと思います。

ずばり、フィリピンだけから労働者を調達するのがベスト。

理由は簡単で、フィリピンは海外への労働者の輸出を国策としており、制度的にも実績的にも比類ないくらい充実しているというのがひとつ。 もうひとつは、ある程度の英語を全員が話すことができるので、意思疎通が比較的スムーズにできるということ、そして、それなりに真面目に仕事をするという素養が備わっているという理由からです。

確かに、シナ人やベトナム人に比べれば、のんびりしている国民性がありますが、犯罪に走る傾向はまだ少ないと言えますから、ある程度は安心できます。 そして、タイ人やカンボジア人に比べれば、若干ですが生産性意識は高い。

ドングリの背比べの感は否めませんが、総合的に見て、私はフィリピン人が最も適していると断言しますよ。
ファーウエイ最高幹部逮捕に中共政府猛反発
社内から逮捕者を出したファーウエイ側が、会社として一切の公式発表をしていないのに、もうね、会社を飛び越えて中国当局が最初から猛反発という、まさに、「語るに落ちる」というやつ。

ファーウエイが国策企業であり、中国当局と密接な関係があるということを自ら証明してみせたようなものですな。 そして、中国国内では、米製品の排斥運動が起きるという、これもわかりやすい構図となっております。 もちろん、こんな排斥運動は自然発生的に起きるものではなく、共産党中央が指示している以外ありません。 最近では、韓国内における米軍のTHAAD配備に猛反発して、KPOPの排斥やロッテデパートの不買運動という形で対抗措置をとったのと同じパターンです。 中共というのは謀略のパターンがいつも同じなのでわかりやすい、、、、

しかし、ファーウェイ排除の動きは米国、カナダ、豪州、ニュージーランド、英国、そして日本と、世界の主要国で主流となっておりますので、この中国包囲網は強固。 

逮捕された件のファーウエイ副社長の女性ですが、報道によるとパスポートを七冊も所有しているという、

これって、

中共の秘密工作員

ということか?  となると、保釈なんぞをすると工作機関と接触して今後の対応をすり合わせするとか、指示を仰ぐとかするのでしょうな。 なるほど、必死になって保釈を要求しているわけだ、、、、
灯油とガソリンを間違って販売した?
当地では、昨夜から消防署の広報車が近くを走り回ってラウドスピーカーで周知活動に躍起となっております、、、

なんでも、灯油とガソリンを間違って売ってしまったスタンドがあったとか。

って、販売した量がなんと、2000リットル!!

おいおい、これ、間違ってファンヒーターなんかにぶち込んで点火したら、炎上確実でしょうが。

そりゃ消防署も躍起になるわな、、、
歌謡曲を歌ってみた
カラオケ練習の2回目です。 多分、歌唱動画はこれが最後のアップ。



明日にでも削除しますので、、、、、、

通りで見かけた一コマ
DSC_0004.jpg

夜に見たら

不気味だと思います、、、、



とりあえず、ユーチューブに動画を上げてみた、、、、
動画編集とカラオケの練習を兼ねて「歌ってみた」動画をアップしてみました。

しばらくしたら削除しますので、、、、、




ファーウエイ問題にだんまりを決め込む日本マスコミ
米国に続いて、日本政府もようやくファーウエイ製品の入札からの排除を決めたようですな。

ファーウエイが自社製品端末から個人情報を抜いていることは、秘密でも何でもなくて、次の通り、利用規約ではっきりと謳っていること。

privacy03.jpg
ファーウエイのスマホを利用する際の同意書から抜粋

つまり、ファーウエイのスマホを使う際は、データを全部抜かれることにユーザーが同意しなければならない訳で、かなりの覚悟が必要なんですよ。 これは、グーグルを利用する際にも言えることですが、、、、、


渋谷ハロウイーン車両転覆事件でわかった日本警察の捜査力
ビデオ映像だけを端緒にして雑踏の中から犯人を特定して逮捕までもっていく、、、、確かに、被疑者の人相などが画像として残っているわけですが、そこから身元まで探し当てるのは至難の業にも思えますな。

あくまで、筆者の想像ですが、警察には在留カードとか各種免許証申請する際に提出する顔写真の膨大なデータベースがあって、コンピューターで自動照合できるシステムを持っているのではないのでしょうか?

例えば、雑踏を映し出す防犯カメラの中から、特定の人物の顔写真をインプットするだけで探し出すことが出来るようなことがすでに可能であれば、犯人の足取りを追うことも可能ですな。

顔照合での捜査能力は、日本でも飛躍的に伸びているようですが、実は、この分野で世界一と言われているのが中国と言われております。
(訃報) 「爆弾小僧」ダイナマイト・キッド 死去
1981年、タイガーマスク(初代)のデビュー戦の相手として抜擢されて、以来、小中学生の間で起こったプロレスブームの中で、タイガーマスクのライバル役として知られたレスラーです。 享年60。

晩年は筋肉増強剤(アナボリックステロイド)の後遺症で心臓疾患に苦しんでいたのはファンにはよく知られていた話でしたな。 

競技スポーツの分野では早くからドーピングの対象としてステロイドは厳しく禁止されておりますが、プロレス界、ボディービル界ではまだまだ厳格とは言えません。 このため、若くして後遺症に苦しむレスラーはかなり多いようです。
動画編集は難しいねえ
ネット上から著作権フリーの動画や音楽を取り込んで、いろいろと遊んでおります。
とりあえず、切り貼りと字幕挿入などの基本はできるようになりましたよ、、、、

動画編集も奥が深くて、覚えるテクニックも際限ないですな。

欧州波乱の予感
フランスの反政府暴動が広がりを見せておりますな。

暴徒が着用している、あの黄色い蛍光ベストですが、筆者も夜間にジョギングする際には同様のやつを着ておりますよ、、、

しかし、フランス人というのは、なんで暴動が好きなのかねえ、、、、同じラテン系でもイタリアとかスペインのデモはもっと穏やかな気がしますが。 

ユーチューバーへの道
筆者も動画を作ってみようか、、、と思い、無料動画編集ソフトをダウンロードして、練習しております。 ところが、これがなかなか難しい。 全然わかりませんよ、、、、、
clickbait
ネットスラングで「釣り画像(表現)」のことを言う単語です。

まさしく、クリックさせるためのエサという意味で、日米共に発想が同じなのが面白い。

12月だああああ
今年もあっと言う間に駆け抜けた、、、、、人生は短いねえ、、
copyright © 2005 ぼやき大爆発 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
★付属掲示板へはココをクリック★