FC2ブログ
ぼやき大爆発
世捨て旅行者の雑記帳
歴史を俯瞰して見るか、近視眼的に見るか
先日の投稿で、筆者は「後世の歴史家は平成時代をして天下泰平と呼ぶ、、、、」などと書きましたが、おそらく若い世代には実感として感じにくいかも知れませんな。

平成時代をざっくり言うと、経済的にはバブル崩壊で停滞し、成長が頭打ちになり、「失われた〇〇年」などと言われ続けた時代。 しかしながら、全土に及ぶ壊滅的災害や戦争は皆無で、史上稀にみる安定した時代。

大衆文化を見ると、変化に乏しく、激しい流行の移り変わりはありませんでした。 明石家さんま、ダウンタウンなど、30年前に活躍したお笑いタレントが、現在でも第一線にいるというのも驚き、、、、テレビの長寿番組や長寿漫画が当たり前となり、「徹子の部屋」や「ゴルゴ13」がまだ終わっていないのを考えると、時間が経つのが異様に早く感じられる割には時代は全然動いていないのだと納得します。

もしも、私が平成元年の世界からタイムマシンに乗って、現在に出現したら、何に驚くか?

薄型テレビやパソコンの性能アップに驚くのはもちろんでしょうが、むしろ、社会の根幹にほとんど変化がないことに逆に驚くのではないかと思いますな。

やはり、憲法改正でもしない限り、この先も大きな変化はなさそう、、、
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 ぼやき大爆発 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
★付属掲示板へはココをクリック★