FC2ブログ
ぼやき大爆発
世捨て旅行者の雑記帳
なんと、2020年からは小学校3年生から英語を学習するとな!
多分、筆者を含めて、既存の教育システムで英語を学習してきて、かなりの時間を費やしてきた者にアンケートをやってみるとして、、、「小学校で英語を正式科目にすることに賛成か反対か?」 と問うてみれば、おそらく、、、

反対が賛成を上回ることは間違いないでしょう。

私も小学校で英語を教えることには反対の立場。 理由は以下の通りです。

1 小学校では、正しい母国語の教育に時間を割くべき。 

2 小学校で英語を初めても、それに見合った効果がでるとは思えない。

3 そもそも、日本人全体に英語教育を早期に施す必要性がない。


世界には母国語と同様に英語を教育してバイリンガルを育てている国はたくさんあります。 北欧やオランダなどがそうですし、あるいは、インドやフィリピンなども該当しますな。

北欧などは、自国の言葉が世界的にはほとんど認知されていないために、英語を話せないと国際社会でサバイバルできないという切実な理由があります。 人口1千万や2千万の弱小国家が特に英語教育に力を入れているイメージがありますが、オランダ人で英語の他に、ドイツ語・フランス語も話せる人々も多い。要するに、英独仏という大国に取り囲まれている地理的状況が大きな理由。 

ヨーロッパの言語が文法や語源がよく似ていて、習得しやすいというのも大きいでしょう。

他方、インドやフィリピンは、植民地だった影響が大きいわけですが、国内にいくつもエスニック語が乱立していて、共通語としての英語という意味合いも大きい。

日本に話を戻すと、日本は内需9割という、経済の大部分を国内で完結できる状況にあり、そもそも、英語を話せる人材は10人に1人程度で十分。

好きな人だけが英語を勉強して、それぞれの分野で活かせばいいだけの話。

英語を勉強するのは中学校からで十分でしょう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 ぼやき大爆発 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
★付属掲示板へはココをクリック★